こども2人と3人暮らし

6歳男子と4歳女子を育てながらフルタイム勤務中。夫が単身赴任で、大変だけど問題なく暮らしてます。

たまには、自由時間。

先日、タイから夫が帰国していました。

金曜朝、羽田着。翌週火曜夕方、成田発。

 

短いけど、長かった。

こういう日程のときは、ひたすら予定を入れて、やり過ごす私。

違った、予定を盛りだくさんにしておきます。

 

金曜朝、子どもたちはいつもどおり保育園へ。

夫が夕方お迎え(日中は仕事をしなくちゃならなかった、とのこと)。

土曜、レゴスクール、サッカー教室。子どもの友達2ファミリーを招く。

日曜 昼名古屋へ向かい、名古屋泊。

月曜 レゴランド名古屋で遊ぶ。夜帰宅。

火曜 私は出勤。

  夫の両親が昼頃来て、夫タイへ戻り、仕事から帰った私と夫両親がバトンタッチ。

 

と、いった具合に、予定を組みました。

金曜の夜、数ヶ月ぶりの自由な夜をもらったものの、

友人の多くは、母となり、自由な夜はなく、

わずかに子どものいない友人は、バリバリと働いているので、開始は20時~ね、、、

ということにもなるため、自分の体力も追いつかず。

 

んー。私ってば、友達、いないわー。

でも、一人で店に入って飲むこともできちゃうもんね、と

以前の強気に戻ろうと思ったものの、

職場近くの行きつけの店を除いて、なんだか一人飲むのは、ためらわれ。

老いたかもしれない。

 

と、通常ならそこで諦めるところを、やはり数ヶ月に1度しか訪れないワンチャンスを逃してはなるまい、と、

帰宅に向かう足を何度となくとどめ、

(でも、途中下車まではできず)最寄駅のビストロのドアを開けたのでした。

 

そこで待っていたものは、

大人の時間。まったりと、ゆったりと、夜の時間が過ぎる。

かぐわしいにんにくの香りや、色とりどりに飾られたお皿。

f:id:citronbiscuit:20170628122142j:plain

自宅では見ることのないパテや、自分じゃ選ばないであろうワインセレクト。

f:id:citronbiscuit:20170628081253j:plain

そこに何にも考えず、いや、考えるんだけれど、ひとり、自分の心と向き合ってみる。

いいわー。

いいわー。

ひとり盛り上がる。・・・それしかない。邪魔されない時間。大人の会話しか聞こえてこない。

普段は耳にさえいれさせてもらえない音楽に耳を傾けつつ、

ボーッとしつつ、スマホを触ってみたり。

 

 

あれ、LINEに(夫から子どもの)写真が送られてくる!

ん?充電がっ。

そうだよねー、忘れるわけじゃない。

こどものきゃーきゃー、わーわーした声もいいよねぇ。

テレビ、まだ見ているのかなぁ?ドラえもん、またリピートしているのかなぁ?

 

・・・だめだ、やっぱり我が家へ帰らねば。

といって、瞬く間に自由な平日の夜を切り上げ、こどもと一緒に寝られるよう、

慌ててお風呂を済ませ、一緒にベッドに寝る私。

そんなもんですよねー、母になっちゃうと。