こども2人と3人暮らし

6歳男子と4歳女子を育てながらフルタイム勤務中。夫が単身赴任で、大変だけど問題なく暮らしてます。

これで、頼んでいるわけ?

夫から、来週末、出張のため日本に戻ってくる旨の連絡があったわけですが、一応、スケジュールとして入れている日曜日夜のfacetimeはできないから、と言いました。

特に理由とともに、ではなかったので、こどもの為に聞いてみると、「カンボジアに遊びに行くから」との答え。

単身者は暇でしょうねー。時間があることだけは、うらやましい。

 

そんな暇な人であるにも関わらず、昨日の夕方、フライトスケジュールを知らせるスクリーンショットが数枚、LINEで送られてきました。

その、続きにあったのは、

明太子

 明太子

明太子、とだけある。

・・・続きは・・・ない。

 

なんですかね?

失礼すぎる。

f:id:citronbiscuit:20171003094622j:plain

魚卵好きな夫

バンコクでは、魚卵は、日本の3倍くらいの値段だそうです。以前から、いくらや明太子が好きで、ちょくちょく買って食べ、寿司屋ではなによりこういったものを頼んでいた夫には、タイは、生魚を食べる文化はなく、周りにキレイな海のない地域では、そもそも手に入りにくいため、日本料理屋において、刺身などはかなりお金がかかるようです。

日本に帰国するたび、明太子を持ち帰ろう、と、家庭用明太子をどっさり持ってバンコクに帰っていました。

 そのときに、いつも注文するのは、こちら。福岡の名店、ふくやさん。

ふくやの明太子

とにかく辛いのがいい夫は「どっから」希望です。

この家庭用切れ子にしています。それを冷凍し、保冷剤で周りを冷やして、アルミバッグに入れて保冷した状態で輸送してます。

夫の日本への戻る時は、ほとんど荷物がないので、預け荷物なしで飛行機に登場するときも、冷蔵状態だと液体物の可能性が出るかもしれませんが、凍らせて行って機内持ち込みできているようです。真夏は、、、溶けそうですがね。

溶けたものを再度凍らせるのは、ちょっとなぁ、と思いますが、私が食べるわけじゃないので(笑)。夏にバンコクに行ったときは、預け荷物でスーツケースに入れて持ち込みました。2箱も!

 

 ちなみに、私はこちらが好きなので、一緒に注文することも多いです。これだと、私しか食べない明太子も、気軽に食べられますからね。お茶碗のご飯にぶちゅっ、おにぎりの具材としてぶちゅっ、です。(でも、使い切れないうちに、存在を忘れてしまうこともしばしば、、)

あとは、これです。年齢とともに甘いものが苦手になった私にはピッタリ。

rakuten:fukuya:10000495:detaiti]

親しき仲にも礼儀有り 

 話を戻しますが、夫の、単語のみLINE「明太子」。

私に対して、注文をしておけ、という趣旨にしか受け取れません。失礼すぎる。

3時間経ったあとに、「それって、私に手配をさせようとしているのですか」とLINEしました。すると、1時間後「メッセージの途中です」、と返信が。

そして、12時間以上経過した今も、続きのメッセージは来ていませんけど。