こども2人と3人暮らし

6歳男子と4歳女子を育てながらフルタイム勤務中。2015年春より夫は単身赴任中。大変だけど問題なく暮らしてます。

極寒のディズニーシー 母と4歳女子のデート その2

突然の思いつき

しかし、1月5日のディズニーシーは、混雑予想もそこそこ。しかし、18時30分閉園。はやい。4歳は、夜までいられないにしても、大人も早くから帰るのでは夕方まで、みっちり混雑しそうなのが、ネックでした。
キリンビバレッジの貸し切りイベントが19:30からあったようで、17:30のファンタズミックのショーが終わり、18:30には確かに店が閉店準備をし、品物には布をかけて、撤収していました。おそらく、アトラクションも同様だったかと。

極寒の季節の服装

曇り。予想最高気温5度。
勝負に出るのは、勇気が必要でした。
娘の服装。
長袖極暖ヒートテック
ヒートテックタイツに、厚手のズボンにチュニックタイプのトレーナー。フリース。ダウンジャケットに、ミニタイプのカイロを前身頃に貼り付けました。ネックウォーマーもあったためか、寒いという単語はなかったです。
母は、ヒートテックタイツを二枚重ねで、ジーンズ着用。長袖ヒートテック
にセーター。ユニクロダウンコートで、カイロを持ちました。おかげで、寒さは、感じなかったです。

目指すアトラクションを絞りこむ

いずれにせよ、4歳児の体力との戦いです。朝は、開園前にパークの門に到着する予定で7:20すぎにはリゾートラインを降りました。しかし、4歳はまだまだ、トイレなどで列から脱落の危険性もあり、こちらの時間配分が決定的なミスとなるかもしれません。
そこで、目指すアトラクションは、

1 トイ・ストーリー・マニア!
2 ニモ&フレンズ・シーライダー
3 グリーティングトレイル ミニー
4 フランダーのフライングフィッシュコースター
5 キャラバンカルーセル

具体的にシーをまわる

そこで、まずはシーでの鉄板トイ・ストーリーマニアのファストパスを取得。
しかし、ホテル宿泊者の特典後の一般入場でとれる時間には限界があり、8:20にゲットできたパスは14:30からでした。
f:id:citronbiscuit:20180108145015j:plain
取得したあとは、次のパスを取れる時間まで、ミニーに会いにいきましたが、20分待ち。まぁまぁかなー。4歳になる直前では、ミニーちゃんでさえ近づけずに、怖がっていましたが、今回はちゃんと近づいてお話しできました。
終わると、調子に乗ってミッキーに会う!と言って45分待ちの列へ。しかし、ミッキーに会う直前になると、ママの抱っこじゃないとイヤー!と言い始め、周囲の盛り上げを最大限に引き出しました、、やれやれ。

そのあと、待ち時間をもたせるための塩味のポップコーンを買い、デートを楽しみながら、シーの雰囲気を楽しみながら、アクアトピアを25分待ちしました。
f:id:citronbiscuit:20180108144417j:plain
そして、昨年4月に来たときにはまだオープンしていなかったニモのアトラクションのファストパスを取得。スタンバイで待つとしてもら50分ほどみたいでしたが、4歳に使えるファストパスは少ないので、こちらを取得。
f:id:citronbiscuit:20180108145108j:plain
こちらが終わったあとは、ダッフィーグッズなどを見るためショップへ。このとき、ダッフィーが見られるケープコッド・クックオフを通ると、昼前だったこともあり、70分以上待ちというアナウンス。さ、さすが。娘はお腹が空いた様子はなかったので、スルーして、メリディアンハーバーのニューイヤーグリーティングへ。
f:id:citronbiscuit:20180108144333j:plain

そのあとは、アラビアンコースターへ向かい、ジャスミンのフライングカーペット、キャラバンカルーセル、フィッシュコースターを制覇。兄へのお土産を買うはずが、なぜか娘は兄に選んだものとおなじものを自分にもねだり、、倍の費用がかかりました!
f:id:citronbiscuit:20180108144835j:plain
f:id:citronbiscuit:20180108145610j:plain
終わるとちょうど、ニモのファストパスの時間となり、待っていると、抱っこしていた娘が眠り始めてしまい、、まぁ待つ間なら、と思って寝かせていると、「寝たままでは、乗れませんから、起こしてください」。はーい。刺激を与えて、起こしまーす(笑)。
刺激の効果か、目が覚めてくれて、ニモを楽しみました。そのまま、トイ・ストーリーマニアへ。娘をそっちのけで、楽しむ母でした。気付くと、娘もかなり、スコアを稼いでいました。そのうち、抜かれますね。
f:id:citronbiscuit:20180108144603j:plain

トイ・ストーリーを終えると、雨が降り始めていました。参ったなー、と思い、娘の体力も、限界が来ていると思われるので、ダッフィーに直接会うグリーティングは諦め、ダッフィーのショーを見るべく、ケープコッドクックオフへ。夕方近くなっていたためか、10分ほどで席に案内されました。よかった!
f:id:citronbiscuit:20180108144704j:plain
適当につまんでいたせいか、娘はポテトとナゲット、ジュースを飲みながら、ダッフィーに手を振りながら、ギリギリ1時間のショーを堪能していました。娘の目的は達成!

ダッフィーのグリーティングがあることを知ったら、、ミニーちゃんよりも、ダッフィーを目指したかもしれませんね。。

元気になったので、もう少しアトラクションを楽しもうと、娘に尋ねると、「もう一回ジェットコースターのりたい。」
ロストバリーデルタまで船を使い、すでに真っ暗になったパークを楽しみました。20分ほどでコースターを終えると、17:30という早い時間のファンタズミックを見に行きました。しかし、10分と経たないうちに、夢の国で夢の中。おーい!

夢の国で夢の中

14キロの娘を抱えながら、ガラガラのショップでダッシュでお菓子を追加購入。でも、も、もう腕が、限界。ショーが終わり大混雑となったショップを逃げ出し、ベンチに娘を下ろし、ひと休み。通勤ラッシュを迎えるタイミングでの帰宅はしたくないので、しばらく寝かせて、歩いてくれることを願いました。
しかし、6:30の閉園のため、帰らなくてはなりません。娘に光るおもちゃを買ってあげたかったですが、寝起きの娘は、「風船がほしい!」の一点張り。しかし、抱っこかもしれない娘と荷物では無理なので、どうにか諦めてもらいたくて説得。

そうこうするうちに、ワゴンは撤収。仕方なく、外のショップへ向かいました。首からかけるネックレスタイプのキラキラにしたかったのですが、一番大きな手に持つタイプを選択。途中、このライトを持っていた子を見つめていたのは、知っていたので、買うことにしましたが、会計は長蛇の列。そのうち、「トイレ!」えーっ!
近くのトイレは、帰りのゲストで、物凄い列。男性用トイレなら回転がよいのに、と思っていると、娘は「一人では行けないから、一緒に来て!」とごねます。パパいないしー、せめて兄がいれば、、と思いながら、すでに焦っている娘を説得していると、若い男性キャストが、「ぼくが中まで連れていきましょうか?」と声をかけてくれました!男性トイレもそこそこ、人で溢れているし、問題はなさそうです。ありがたくお願いさせてください!
しばらくすると、キャストとともに、娘が手もちゃんと洗って戻ってきました。ほっ。

うーん。最後の最後で、ママの計算、誤ったわー。

ミラーボールがまわるライトも手に入れて、満足な娘は帰りは眠ることなく、元気に家まで起きていてくれました。
f:id:citronbiscuit:20180108150932j:plain

娘とのデートは、息子と一緒のときとは全く異なり、穏やかな時間でした。女子らしい可愛らしさが満載の4歳との時間は、また格別ですね。前日に計画を立てる、というこれまでにはないディズニーでしたが、思いきって行ってみてよかったです。思いの外、4歳は手間もかからず、抱っこもねだらず、体力の限界までパークを楽しむことができたので、小人料金分は払っても満足しましたー!