こども2人と3人暮らし

6歳男子と4歳女子を育てながらフルタイム勤務中。2015年春より夫は単身赴任中。大変だけど問題なく暮らしてます。

ファミサポ 援助会員さんにお会いしました!

社会福祉協議会から、援助会員さんのご連絡をうけ、早速電話してみました。

www.citronbiscuit.com

ちょうど仕事のお休みをもらえた平日午後。

「もしもし。〇〇様の携帯でしょうか。わたくし、先日、しゃかいふく・・・

電話の向こうで「ギャー!きゃー!」という小さな子の声がします。

おおっ。

先方「ちょっと待ってください。声が聞こえないので、、、」

そうでしょうとも。その環境では、、、と思っていると、部屋をうつったようで、随分静かな状態に。

ふむふむ。さては、お預かり中?

 

年配の女性のようでした。

お会いする話はすぐにまとまり、早速週末に面談のため、こちらへ来ていただくことに。

 息子に、サッカー後、公園遊びをしないよう、今日、おうちに人が来るからね、と話をしておいたので、難なくサッカー後の連れ戻しに成功。ただし、ファミサポさんの制度を説明するのは、話がダメだった時に面倒なので、省略。サッカー後に自宅に戻っていると、自宅の道にノートを手に持った年配の女性が歩いています。ん?もしや?でも、30分も早いぞ。まさか。

 約束の時間になって、電話がありました。5分前に到着する予定が、遅れてしまっているとのこと。でも、家はわかっていると思う、とのことなので、お待ちしていました。なるほどね、時間に正確な方のようです。

 お会いしてみると・・・

インターフォンがなり、出てみると、私の母や、夫の母にも似た感じの60代後半くらいの女性でした。お話してみても、優しそうな、尖ったところのない、品の良い方でした。怒らない感じだなー。

それと、テキパキさはないようでしたが、お願いすることは仕事じゃないしね。(訪問の約束のあと、訪問日を確認する電話があったのですが、別の人と間違えてた、、、)(更に、いらしたあとに、ボールペンを間違って持ち帰ってしまったのだけれど?と電話があった。でも、我が家のボールペンではなかった。。。)

まぁ、お留守番程度ですから、問題ないでしょう。

メモをしっかり準備しておけば、確認しながらやってくれると思いました。

ただ、その日は足を引きずりながらだったので、???でいると、数日前に歩き回りすぎて足が痛かったために、整体に行ったら、なお、痛めてしまって歩くことが、、、とのこと。今後について、歩いて10分ほどの距離なので、気軽に通って来てくれるのか、少し不安かも。いずれにせよ、4月になってからのお願いとなるので、とりあえず、そのまま。

 

お話を伺うと、旦那さんが亡くなり、お一人で暮らしているとのこと。お一人暮らしのほうが、こちらにとっては、好都合なような、、、ご自身の自宅は掃除が行き届かないので、どなたも受け入れていないとのこと。多少は、援助会員さんの自宅も利用できたらいいのだけれど、という思いはありましたが、まぁ、仕方ない。

このエリアで、援助会員さんが見つかっただけ、幸せ者ですからね。まぁ、それもおそらくは、単身赴任中であることがポイント増につながった模様。

 

私の希望は、①土曜の小学校行事の間に、娘を見ていてもらいたい

      ②私の帰宅が遅くなってしまう場合に、息子を学校学童からのピックアップ

      ③自宅で夕食を食べさせてほしい

もう7歳、5歳になる子供たちなので、比較的手間はかからないかと思います。食事の介添えがいるわけじゃないし、トイレも問題ないし、テレビの録画を見ることも自由自在な息子がいますし。大人がいてほしいだけ。

 

快く、OKをいただきました。

自分の家なので、子供たちも戸惑いはないでしょうし。家が汚い時が不安だけれども。トイレとかさー、、、常に綺麗にしておかねばならないのか _| ̄|〇

が、がんばる。。

でも、これで、電車が止まっちゃって家に着けない、、、という時にも、安心だわ。お預かりを頼まれるお子さんは、他にもいるけれども、空いている限りは、いつでもいいですよ、とのこと。

よし、では、よろしくおねがいしまーす。

このあと、社会福祉協議会に、援助会員さんにお会いしたこと、今後お願いする予定であることを報告して、手続は終了します。(電話1本で済みます。)

子供たちの反応

息子は、「おねがいしまーす」と軽い感じ。

娘は、恥ずかしそうにもじもじしつつも、兄に倣って「おねがいします」。

その女性が、息子に「ちゃんと、一緒に手をつないで帰ろうね。」というと、息子は「ぼく、こんな可愛い人となら、よろこんで手をつなぐよ!」

 

\(◎o◎)/!

・・・君は、口から生まれてきたのかっ!

息子は、そういう言葉を、いとも簡単に口に出し、言葉にして伝えるので、親の私のほうがその人たらしぶりに驚きます。しんのすけ(クレヨンしんちゃん)かっ!

普通、この年代の男子は、初対面の人とはもじもじしていえないよねー。しかも、若い女子のみならず、、、、(若い可愛い女子には、さらに言うんですよねぇ。ファミレスのおねえさんに、とか。ショップの店員さんとか。)初対面の人とお話することを、全く苦にしない息子の性格は羨ましい限り。

でも、おばあさんにしか見えない女性にまで、そんな風に言えるなんて、君は、すごいね。 ママ、脱帽。

f:id:citronbiscuit:20180124141540j:plain