こども2人と3人暮らし

7歳男子と4歳女子を育てながらフルタイム勤務中。2015年春より夫は単身赴任中。大変だけど問題なく暮らしてます。

鞄工房山本のランドセルのサイズ感 小1男子

手づくりランドセルの鞄工房山本|奈良・東京

鞄工房山本のランドセル、今年は5月13日に販売だとか。はやっ。(2017年は6月に販売)そして、すでにカタログは配布終了、、、は、早すぎる。

どんどんスケジュールが前倒しになっていますね。もはや、異常とも思えますけど。

f:id:citronbiscuit:20180427104402p:plain

来年は、4月中販売になっちゃうんでしょうか。(それでも、届くのが遅いグループは2月や3月だったりするのかしら?) 

 

とにかく、昨年のレイブラックは、20分ほどで売り切れましたので、購入する意思のある方は、がんばってください!

 

www.citronbiscuit.com

 

 重すぎるランドセル問題

軽さを求めてもランドセルは1キロはあるようですが、軽すぎるランドセルは壊れやすいなんて聞くと、まぁ、いずれは負担が減るだろうし、と壊れないランドセルを求めたくなるのが親ですよね。

とはいえ、4月にランドセルの下見に連れて行っても、全くサイズが合ってないよなー、と思いました。ましてや、早生まれの場合、5歳そこそこのお子さんに背負わせるわけだから、どのランドセルも重いのではないでしょうか。

 

事実、鞄工房山本のランドセルは1400グラムあります。単体でもっても、意外と重いんですよね。20キロをようやく超えた体に、教科書を入れたら2キロ超え。いや、教科書だけじゃなく、体操着やら上履きやらを持たせるので、両手に大荷物。保育園時代にはそんな大荷物、持たせることもなかったわけですし。入学まもなかった頃、ふざけていた部分もありますが、息子は後ろにひっくり返ってました!

かわいそうになっちゃいます。教科書なんか、学校に置かせてくれたらいいのに(息子の通う小学校は、ほとんどの教科書は持ち帰りです。)家で勉強するわけじゃなし、持ち帰る必要ないと思いますけどね。

 

中身を入れたサイズ感

さて、初めてのお子さんの場合、小学校の荷物のイメージは持ちにくいのではないでしょうか。私には、ピンときませんでした。A4クリアファイル?フラットファイル???ランドセルにいれるわけ?みたいな。

そこで、ランドセルに筆箱を入れた状態で写真撮影してみました。筆箱は、よくあるこれ、です。学校でシンプルな片面開きのもの、という指定でしたので、こちらにしました。

クツワ 筆箱 マグネット筆入 1ドア 黒 CY017B

それに、折りたたみの傘を入れてみました。50センチのものです。

じゃん!

 
f:id:citronbiscuit:20180427122943j:image

中のポケットに学童の連絡ノートをいれ、学校とのやりとりにはファスナータイプのA4メッシュタイプのケース(黄色くみえるものがそうです)を入れています。この中に、宿題プリントやら、学校からの連絡などすべてが突っ込まれて帰ってきます。普段はこれを半折にして、ポケットに入れています。

 

さらに、A4クリアファイルを入れてみました。ぴったりー。クリアファイルの下にあるのは、黒いものは筆箱です。


f:id:citronbiscuit:20180427123011j:image

そういうわけで、ランドセルの中身は、日によっては、スカスカですが、週末は体操着、上履き、といった荷物が加わり、さらに給食当番だったり、雨だったりしたら、、、

息子よ、とにかく体力をつけてください。(心なしか、この1ヶ月で食べる量は増えたような気がします)