こども2人と3人暮らし

8歳男子と6歳女子を育てながらフルタイム勤務中。2015年春より夫は単身赴任中。大変だけど問題なく暮らしてます。

小2の手にイボが。液体窒素療法。

ふと気が付くと、息子の右手の中指の関節付近に、凹っとしたものが。

あれ?なんだろう。

と思いながらも、自分のことではないので、なんとなくズルズルとそのままにしていました。

が、娘の乾燥肌と、私の頭皮カサカサ問題が大きくなり、二人して皮膚科通いをしていたので、3人目、息子もしました。

受診直前に、なんとなく調べてみると、、、 ウィルス性のイボだそうです。

イボは触っても痛くないらしく、イボについて痛みを訴えることなかったので、最初は鉛筆によるタコ?かと思いましたが、タコができるほど勉強どころか、鉛筆をもっていたことがなかったので、不審に思いました。当の息子も、何も言わないし(^o^;)。

足の指の関節部分にも、よくできるそうですが、こちらは、治療後になかなか痛みがあって、歩きにくいそうです。

 

しかし、感染するものだったとは!

www.dermatol.or.jp

浦安耳鼻咽喉科(皮膚科診療案内)

 

www.nshc.com

まさに、上記リンクにあるとおり、角化していました。

f:id:citronbiscuit:20190530123747p:plain

 

通常、冷凍凝固法。

 液体窒素で細胞を破壊するらしいです。

f:id:citronbiscuit:20190522124930p:plain

上記のようなもので、やっていただきました!

スプレーで勢いよく噴射された液体窒素をイボにあて、組織を壊死させます。一回の治療では、取れないことが多いので、1、2週間空けて、再度、ということのようです。

 

1噴射で10秒位?あて、3回ほどあてますが、あてているときは痛みがあるらしいです。小2男子ゆえ、文句はありませんでしたが、結構痛いという話もありますので、部位と痛みに対する個人差かと思います。

 

というわけで、2週間ごとに上記の治療に通いました。

3回目の治療を終え2、3日すると、みずぶくれができました。

さらに3日後、みずぶくれ、やぶれたそうです。

本当は破らないほうが雑菌がはいらずよいと思いますが、結構、ぷっくりしていたので、ふとした拍子に破れてしまったそうです。

ゲンタマイシンを処方していただき、ちょっと塗って絆創膏しておきました。

 

 

いい感じに治ってきています!

 

足の指ではなかったので、家族に感染の危険が少なくて、よかった。

(ちなみに、娘は現在は水いぼに悩まされています。)

 

子供のおかげで、いろんなことに対する知識を得られます。

日々、勉強ですね。