こども2人と3人暮らし

8歳男子と6歳女子を育てながらフルタイム勤務中。2015年春より夫は単身赴任中。大変だけど問題なく暮らしてます。

箱根に行ったよ。

11月、すっかり紅葉の美しい箱根に行ってきました!

山の色づきがきれい。

そして、富士山の雪もね。

そんな秋は箱根は観光客であふれるはずでしたが、10月の三連休、箱根が台風19号の通過に伴う大雨で大変なことになってしまったわけで。

 

 元々、娘の保育園の運動会にあわせて帰国する夫とスケジュール調整し、10月に箱根に行く予定を立てました。が、日本の三連休における旅館の価格が高すぎる!

ということで、9月には、キャンセル済みでした。 

まさか、その連休があんな台風に見舞われるとは。

 

総雨量1000ミリ、を超える雨は、登山鉄道の線路を流し、斜面を削り、、温泉のパイプを破壊しました。

あの風光明媚な景色が、、、

先日ようやく発表された「箱根登山鉄道の全面復旧が来年秋」というニュースを聞いて、悲しくなりました。

箱根駅伝、大丈夫かな。

そして、観光客を相手にした地元が心配です。

 

それほど心配せずにいたのですが、ニュースを聞いて、温泉は大丈夫なのかと気になっていました。

すると、やはりパイプ損傷により、温泉施設一部稼働せず、という情報が発表されました。

強羅周辺の施設は、かなり、影響を受けていたようです。

 

それでも1か月あるし、一部通行止めとは聞きましたが、まぁ、車で行くし、と状況を見守っていると、11月初旬、ホテルのサイトから、全面復旧の文字。

そっかー。

では、頑張っていってきましょー。

 

温泉に行きたいな、とは子供たちからの言葉。

子供たちも、大の温泉好き。

草津は、日本で一番温泉が出るんだよね~、今度、草津に行きたいな、などと話すレベルです。

熱いお湯もものともせず、そこそこお風呂を楽しめるようになってくれたので、安心。

夫もジャパンを楽しみたい一心なので、温泉行きはすぐに決まります。

 

宿泊先はいつも選んでしまう共立リゾート。子連れには楽々。

www.hotespa.net

さいきんのクチコミを見ると、従業員の態度が悪い、という悪評が多く書き込まれていて、ちょっぴり不安でした。

が、実際に行ってみたら、全然そんなこと感じさせなかったです。

まぁ、施設は徐々に老朽化し始めた感じもありますが。

 

同じグループの水の音、もなかなか、よいですよ!

 

さて、昼過ぎにゆっくり東名高速を走りだすと、、、さっそく事故渋滞。

いつもの倍以上の時間をかけ、ようやく到着。

つ、つかれた。

 

箱根湯本から強羅まで移動手段がないため、バス待ちの長い列です。

そうだよねぇ。

 


f:id:citronbiscuit:20191125132310j:image

 

ここは、予約の要らない貸し切り温泉タイプ。3つあります。


f:id:citronbiscuit:20191125132344j:image

 

早速、入浴へ向かうこどもたち。

 

ふぅ。

こちらの施設の魅力的サービスのアイスと乳酸飲料でくつろぐ兄妹。

作務衣がかわいい。(大人用もあります。)


f:id:citronbiscuit:20191125132736j:image

気が付くと夕食の時間。

なんだか、あわただしいぞ。



夕食も、小2、年長ともなるとしっかりした夕食が用意されていますけど、、こどもたちはほとんど食べないんですよね。

 

と思ったら、珍しく娘が、小学生用の夕食(大人と一緒)を指して、あれが食べたいなぁ、、、と。

牛しゃぶ御膳。

 

一方の息子は全く食欲がない様子です。

 

旅館に泊まるリスクは、これなんですよね。

食事が付くので、大人はちゃんとした夕食となりますが、子供たちは興味なし。

うーん。

まだまだもったいない気がする。

 

ついには、私たちの夕食が終わるのを待っているうちに寝てしまう息子。

 

あら。疲れたのかな。

さっきまでは元気にはしゃいでいたのにね。

 

夕食を終え、早速女子チームで大浴場へと向かいます。

やっぱり、女子チームができるのって、いいですね。

一方の偏りじゃないし、それぞれ一人ずつ、っていうのが公平でよろしい(笑)。

 

大浴場で娘と盛り上がって、すべてのお風呂に入ってきました。

すっかり冷たくなった夜の空気に露天風呂で、すっかり気持ちよくなりました!

 

部屋に戻ると寝ている男子チーム。

おいおい。と思っていると、夫が起きだし、大浴場へ。

それを見送っていると、息子がふいに起きたと思ったら、、、気持ち悪い、と。

 

大惨事です。

缶ビール片手に「グランメゾン東京」を見ていた女子は、呆然。

 

こういうときに、夫はいないんだよね。

ま、これまでもそうだったけれど。逃げたつもりがなくても、そういうことなんだな。