こども2人と3人暮らし

9歳男子と7歳女子を育てながらフルタイム勤務中。夫の単身赴任を2020年に終え、5年4か月ぶりに同居生活となりました。夫と別居していた自由な日々を懐かしむ毎日。

小4読書感想文のために本を探す。

夏休みの宿題として、読書感想文が出ています。

取りあえず、本を読まない息子に、どうしたものか、と思いつつ、夏休み直前に図書館で数冊の本を借りました。

 

私が、読書感想文用に、小学校中学年用の本を検索した結果、です。

で、選んだのは、下記。

夏休み直前に予約したおかげで、スムーズでした。

 有名ですよね。読んだことがあるのですが、息子に貸す前に、一回読みました。

これなら、読みやすそう。 

 

動物が主人公だから、読みやすいかな、と。

 成績のことを言われ始めてしまった年代の息子によいかな、と。

 

息子も、チョコレート戦争はすぐに、読むことが出来ました。

読めるじゃん。

びりっかすの神様は、数日に分けて、読んでいました。

どちらも、読書感想文には書きやすいよね、と思ったのですが、どんなお話だった?と聞いても、まったく、話すことができない。

うっ、だめだ。

 

偉そうに言わせてもらうと、私は、小学生のときに、なんとなく、作文の書き方、読書感想文の書き方、が分かったので、作文はすらすらかけたほうです。

学校の代表として選ばれるくらいは、何度かあります。

もちろん、それ以上ではないので、えばれませんが。

まぁ、ソツなくこなせた種類のものです。

 

が、息子ときたら、本をじっとして読む、という行為そのものが、難しいタイプなので、あまり強要してこなかったのですが、国語のテストの回答をみると、とにかく、読めていない様子。

え?という回答をしています。。。

こりゃあ、読ませるしかないな、、という対策です。

この週末に、私が横にへばりついて、指導させていただきます!

 

小2娘のほうは、といえば、国語のテストは、まぁ、そこそこ回答できていると思うのであまり、心配いsていませんが、読書をしていても、ちょっとでも読めない漢字があると、本を投げ出して、意味わかんない、を繰り返すこらえ性のなさ。。。

うーん。まずいな。

夏休みは、とにかくたくさん読みましょう、というのもあるので、簡単な本を含め読ませています。

娘の場合、動物が主人公の場合がベストです。

でも、世の中には面白い本がたくさんあるのに、もったいない。

 

私は、本が、好きだったので、もう少ししたら、メアリーポピンズとか、ドリトル先生とか、赤毛のアンとか、どんどん読んでもらいたい。そういう本がほしいなら、いくらでも買ってあげるよ~。

でも、時代は、違うようですね。

 

ふしぎ駄菓子屋銭天堂の作者の廣島玲子さん、面白いですね。

9月半ばに、新作がでますね。

 娘も、銭天堂であれば、難しいながらも、どうにか気力を保ち、読める様子。

でも、地域の図書館や、学校では、ものすごい予約が入ってしまうので、ここ最近発売された新しいものは買うことにしています。

 

横道にそれますが、誕生日プレゼントには、こちらが欲しいというので、プレゼントしました。 

 子供って、こういうの、大好きですよね。

 

そんな中、私が偶然見つけたこちら。

廣島玲子さん好きとなった私が、先に読みました。

 おもしろかった~。

子どもに読ませるふりして、私が夢中になり一気に読みました。こんな本が、小さいころにあったら、どれだけ楽しかったことか。

廣島玲子さんは、ほかにもシリーズで書かれているので、私が読みたいと思います!

 

こどもたちも、本で、旅行したら、楽しいのに。

どこまででも、行けるんだよ。コロナもないしね!