こども2人と3人暮らし

9歳男子と7歳女子を育てながらフルタイム勤務中。夫の単身赴任を2020年に終え、5年4か月ぶりに同居生活となりました。夫と別居していた自由な日々を懐かしむ毎日。

読書嫌いな小4男子が一気に読破!

うちの、小4男子、めちゃくちゃ読書嫌いなんですよ。

ほんとうに、全然、読みません。

 

読むのは、、、

どっちが強いシリーズ

 あと、

サバイバルシリーズ。  

 えーと。

それは、漫画の部類ではないかと。

担任の先生も、読書のときに読む本として、上記シリーズを「マンガだからダメ」という先生と、許してくれる先生と、に分かれるらしい。

 

私的には、漫画ですね。

小1なら、興味を持つきっかけとして、いいのですが、小4は、「文章を読んでほしい」。

 

息子は、国語、苦手なんですよね。

文章が読めない、というか、、、

 

夏の読書感想文にも、困った人でしたが、どうにか前回お伝えした「びりっかすの神様」で書き上げた様子。 

www.citronbiscuit.com

 

この宿題、本当は、ちゃんと指導しなくちゃならないのでしょうが、読ませてもらっていません。

でも、私が小学校のときに、そんな宿題を親に手伝ってもらった覚えはないけどなー。

せいぜい、絵を書きに行きたいから、連れて行ってほしい、とお願いしたくらい。

 

時代は変わりましたなー。

 

さて、先日、夏休みを、自宅で過ごしていると、すぐにテレビに手が伸びるこどもたち。

ピーピー。いまは、テレビを見る時間ではありません。

テレビから、離れなさい!

ピッ!

 

ということで、持て余した息子に、先日のこちらを渡します。

 最初は、いやいやだった息子も、仕方ないから読むか、と、手に取りました。

すると、、、

どんどんのめりこんでいく様子が、わかります。

大好物はフルーツ、というフルーツ男子であることも手伝ったのか、1時間ほど、ぶっ通しで読み続けていました。

 

そして、気づけば、読了。

さすが、廣嶋玲子さんだけありますね。小学生心をぎゅっとつかんでいました!

 

「ぼくも、あそこにでてきたフルーツジュースを飲みたいよ」

そうだよねぇ。どんな味がするのかなぁ。。。。

見知らぬ異国を旅することができた、小4のある夏の一日が過ぎていくのでした。

 

これに味をしめて、こちらを渡しました。

 はい、同じく、廣島玲子さんです。

えっへん。

前出の「トラブル旅行社」より、もう一段、字が、小さくなりました。

気にしな~い。

息子が読む前に、私が読むつもりだったんだけど。