こども2人と3人暮らし

13歳男子と11歳女子を育てながらフルタイム勤務中。夫の単身赴任を2020年に終え、5年4か月ぶりに同居生活となりました。夫と別居していた自由な日々を懐かしむ毎日。

小学生と行く京都旅行⑩

昨日までに、メインの観光地は抑え食べたいものもだいたい買いましたので、午後3時半の新幹線まで、ゆっくり。

 

いやいや、行けるところいっぱいあるよね。京都なんだから。

 

が、行こうとしていた京都御所。

年末年始は休みなんだって。しかも、12/28~1/4まで!!!

まじか。

ちなみに、二条城も、年末年始はお休みです。

 

自分自身も、年末だと思っていなかったこともあり、

そもそも観光地としてやっていると思っていたら、違うのね!!

 

ちっ。使えないぜ。

娘に、たいせいほうかんしたのがー、ってやろうとおもったのに。

ま、「タイセイホウカン?たいせい?ほうかん?」ってなっただろうけれど。

(日本の歴史漫画、幕末を読んでない娘)

 

ということで、気を取り直して、チェックアウトの手続きをして、荷物だけ預かってもらう。

 

でもって、受験の神様、北野天満宮へ、、、

 

と思って地下鉄を使い、今出川駅で降り、その後はバスに乗ろうと思ったら、その思ったバスがなかなか来なくて、なんなんだよ、と適当に、方向だけはあっているはずのバスに乗ったら、やっぱり間違ってて。

あたりまえ。

このあたりで、適当な性格がでちゃいましたね。

仕方なく、下賀茂神社に行くことにしました。



f:id:citronbiscuit:20230322132404j:image

が、娘は、「北野天満宮じゃないの???」

とにもかくにも、下賀茂神社は、お守りがたくさんあると聞いていたし、娘的には満足し、家族全員に干支お守りを購入。

 

えーと。わかったよ。

行きますよ。Hey,taxi!

 

ってことで、タクシー使っちゃいましたよ。

朝、バスを待っていた(今出川駅)同志社大学の横を通ったのですけど、朝待っていたバスの方向とは反対方向だったことを、しっかり認識させられ、そりゃ、待っていても、反対側のバスがちょうど来たよなぁ、って思ったわけだ。

 

あぁあ。3日目にして、適当すぎる自分に、嫌気がさしました。

住んでいないから、方角がわからないから仕方ないもん!と、内心で自分を慰めようと思いましたが、そういえば、海外旅行したときも、こういう迷宮にひとり迷い込んだが最後、自力脱出が困難だった場面には数多く遭遇。

若くて、度胸だけはあったので、適当な英語で、周りの人に泣きついて、つたない英語で切り抜けたものだった。

 

でも、もはや、若くて、頼りなさげなジャパニーズでもないので、そして、日本人の中年女性なのですから、仕方がありません。

あぁー、こんなときには、度胸だけ母の100倍ありそうな、息子に道を尋ねさせたい。

そんな母の思いは、まったく理解されない小3女子との旅は、疲れます。

 

 

北野天満宮に向かいました。

偶然に乗ったタクシーの運転手さんは、非常に話好きな方で、「どこから来たの?」から始まり、京都のうんちくやら、北野天満宮への観光客の多さについて、ずーっと一人、話しておられました。

まぁ、小学生と母の旅、って、そうは多くないでしょうからね。


からの。


f:id:citronbiscuit:20230322132516j:image

北野天満宮で、ひたすら、牛をなでる。


f:id:citronbiscuit:20230322132436j:image

 

まだ、お昼前じゃん!

そして、おなかが空かない娘とともに歩かされる。

 

とりあえず、駅に戻ってお昼を食べ、次の観光地に向かいます。