こども2人と3人暮らし

7歳男子と4歳女子を育てながらフルタイム勤務中。2015年春より夫は単身赴任中。大変だけど問題なく暮らしてます。

ちゃんと、かわいくつくってあげてね。

保育園の遠足がありました。近所の大きな公園まで、往復歩いていく遠足です。

東京はちょっと暑いくらいの良い天気。絶好の遠足日和でした。

 

遠足といえば、、、、お弁当です。

これまで作っていたお弁当 計2個から、ついに1個のみとなりました。なんだか物足りない気持ち。

というか、イベント分散により、お弁当を作る機会が増えて緊張感高まってしまう。

 お弁当のリクエスト

数日前に、「どんなお弁当にしようか?」と娘に尋ねたところ、、、

「〇〇ちゃん(=兄)のお弁当がいい!」

え?

「男の子と女の子のお顔のやつ。」

あ、、、、そういえば、、、 

このときのお弁当。

娘にはポムポムプリンもどきを作成したのですが、兄の、男の子と女の子を見て、「あっちがいい・・・」って泣いていたっけ。どうやら、今回はあれを作ってもらいたい、ということ。しっかり、悔しかった記憶として定着している模様。

 

わかったー!

あれ、結構簡単だったからね、楽勝じゃん!

 

前日、保育園から帰宅した娘は、「ママー!明日遠足だから、お弁当ね!」と。あんまりウキウキしていたので、つい、意地悪してしまいたくなり(汗)、「え?明日だっけ?忘れてた!どうしよう、お弁当!」と慌てたフリしてみました。

すると、「もー、ママ、わかってるくせにー!意地悪!」

あー、もう、そんなお年頃ですか。つまらないわー。

兄の心配

これまでいつも遠足に一緒だった兄は、妹の遠足を知ると、「ママ、お弁当、可愛く作ってあげてね。」ですって。優しいわー。

お弁当のため、Alexaに目覚ましをセットしようとしていると、、

「もっと、早く起きた方がいいんじゃないの?そんな時間で作れるの?」とのこと。

小姑みたい。。。

結果

今回は、こんな感じになりました。

 
f:id:citronbiscuit:20180528130429j:image

簡単だぜー、なんて思って作っていたら、ちょっとおにぎりを大きく作りすぎて、失敗。女の子の髪を頭につけようと、サラスパを差し込んでいたら、歪みました。えーん!

娘「これでいいよ」

ありがたき幸せ。

息子の評価は、「ちびまる子ちゃんみたいだね」

・・・たしかに。男の子のはずだったんだけどな。

 

遠足の様子

 保育園からの報告によれば、歩いているときにお弁当の話になって、「今日は、〇〇ちゃんと〇〇ちゃんのお弁当なんだよ!」と言って、「はやく〇〇ちゃん(=兄)に会いたくなっちゃった!」「〇〇ちゃん(兄の顔のおにぎり)は、最後に食べるね」といって、最後に残してお兄ちゃんを食べていたとのこと(笑)。可愛すぎる。

f:id:citronbiscuit:20180507102628j:plain

 

たんじょうびおめでとう、の言葉もないんだね。

息子が先日7歳になった日は、平日でした。

 

夫よ、息子の誕生日くらい覚えているよねぇ?

当日に電話の一本もないというのは、どういうわけ?

その直前の週末に「もうすぐたんじょうびだね、おめでとう」はなかったし。っていうか、「きょうパスでおねがいします」のLINE一言でスルー。

プレゼント、何にする(した)の?とも聞かれず。

ふーん。

へぇー。

 

そんなパパなんだね。

 

別居生活も丸3年を超え、そんなもんなんだね、と思うこの頃。

常にパパの存在を子供達が思い出せるよう、言っておかなくてはなりません、というのもあるだろうけれど、そこまでやってられないし。そういう意味でも3年過ぎたら、不在生活にも慣れっこですし。

 

そもそも子育てから遠いところに住んでいるような意識の夫ですが、息子が何に興味を持とうとしているのか、そうした「子育て」は、「パパ育て」でもあったんだな、と思う最近。ママ歴7年となり、親として子供を育てる難しさに日々直面してきたからこそ、ママとしても成長を遂げている(ハズ)の私としては、いろいろ思うところがあるわけで。

 

息子の成長についていけていなくて、たまに帰国したときに、息子の着替えを手伝ったりしてるし!単身赴任は仕方のない部分はありましたが、あの夫が「パパ」として成長することはないだろう、と思う今日この頃。

帰国して、同居が始まったら、、、苦しいだろうな。私。

 

 

 

ピアノの森

 

ピアノの森、TV放映が始まりましたね。って、もうだいぶたちましたけど。

piano-anime.jp

ふと読みたくなって、読みふけったのはちょうど1年前くらい。26巻、一気に読んでしまいましたよ。kindle版で。 

ピアノの森(1) (モーニングコミックス)

ピアノの森(1) (モーニングコミックス)

 

 

休止や、雑誌の移籍等々があって、連載開始(98年)から終了まで17年の歳月が流れたそうですが、初めて読み始めた私は一気読み。kindleには1万円以上払いましたけど、やっぱり場所を取らない漫画は、最高ですね。(漫画は棚を埋めてしまうのに、そのあとなかなか読まないので、デジタル版が私には最適です)

 

・・・いやぁ、よかったんですよ!

ほんの少しピアノに思い入れがある私としては、あの指先が凍る緊張感とか思い出すと、もう勘弁して~レベルですが、やはり、ああいう緊張する舞台というのは体験しておくべきですしね。その後の人生において、そういう場は必ずあるでしょうから。なんども知恵熱のように倒れつつも、今となっては体験してよいドキドキ感、そしてその音楽への思いは、人生を豊かにしてくれる、と信じています。

楽譜も読めたほうがいいですしね。当然の教養として。

うんうん。

 

とはいえ、主人公のキャラクターの声が私の頭の中の声とすり替わってしまう残念な思いもありますが、漫画では聞けない音楽をそのタイミングで味わえるアニメのテレビ放送。悩みましたが、録画してみることにしました。

 

ふと早く目覚めてしまったときに、ベッドを抜け出しリビングで「ピアノの森」第1回を見ていると、、、息子が起き出して来ました。

漫画では、一部、問題のあるストーリーや背景がありましたが、NHKでそのあたり放送されるわけないし、と一緒に見ることにしました。

すると、、、その後、息子のほうが、最初に録画を見るようになってしまいました。。。(放送は、日曜深夜のため)

 

(といっても、やはり問題の絵は少しあるようにも思います。そこまで削るとストーリーがね、、というギリギリラインなのでしょうが。)

 

息子がショパンを意識した! 

主人公の海(かい)が、ショパンコンクールを目指す本作では、ショパンとの出会いとショパンの曲への思いがストーリーの大きなウェイトを占めます。

息子も、ショパンを知るに至りました。

 

息子「ママは、ショパン、弾けるの?」

私「う、うん(当時はね)」

息子「子犬のワルツも?」(最初のショパンの曲との出会いは「子犬のワルツ」という設定のため、息子も覚えてしまった)

私「弾けるよ!」

息子「じゃー、弾いて!」

や、やばい。。。。えーと「家にあるピアノは小さいからねー、弾けないんだ」(残念そうにつぶやいてみる)我が家のピアノは25鍵。  

これです。 これで、子犬のワルツは無理でしょう。。。

早く、88鍵のピアノ が欲しいな。

 

とりあえず、弾いてみて!という事態は免れましたけれど。まずいです。ピアノから遠ざかって、早20年。既に習った時間よりも、多くの時間が過ぎました。無理やろ。

 息子は、母ガ先延ばしにしたピアノを習いに行くことを期待して待っているようです。うーん。この熱が冷めないうちに、習わせたいんだけどな。母にも息子にも時間が足りません! 

7歳になりました。が、兄妹ケンカは激しくなりました。

息子が7歳になりました。

おおー。感慨深い、、、

7歳ってもう、いっちょまえですよね。

自分が7歳の頃を思い出すと、、、もうすっかり、いろいろ見えていた気がします。小学校入学してからの記憶は、いろいろ残ってるし。

そっかぁ、もういろんなこと、わかるんだね。いろんなこと、見えているんだね。

君のこと、もう少し、ひとりの人間として扱うからねー。

 

息子に、宇宙の図鑑をプレゼントしました。

「今日さ、プレゼントある?」の言葉に、プレゼントを差し出すと、いそいそと包装紙を開け、「これさー、ぼく、欲しかったやつだ!」と、教科書通りのフレーズを言ってくれました。

欲しかったやつじゃないとおもうけど、、、、

こういうところが息子っぽいです。

兄がプレゼントを貰っている様子を見たら、自分も欲しい、と妹が拗ねるんじゃないかと思って、一緒にプリキュアのぬりえを買って置いたのですが、、、不要でした。

自分の誕生日にねだる作戦ですな。

 

兄が母からプレゼントをもらう様子を見た妹は、自分のお気に入りのバインダーノートを持ってきて、「〇〇ちゃん、ノート欲しいって言っていたから、これあげるね。おたんじょうびぷれぜんとだよ。」と言っていました。

あら、可愛い。

などという光景もある一方で。

兄妹のケンカが激しくなってます

それなのに、最近の兄妹ケンカがひどい。。。

持っているモノを取られた妹が、兄を叩きに行き、兄が腹を立て、パッチンと仕返し。もちろん、力が強いので痛くて妹、泣く。母のところへ逃げてくる、、、

これが、一緒にいる時間の1時間に1回はあるんじゃないの?

 f:id:citronbiscuit:20180518152157j:plain

もうさー、どこかで聞いたことがある、

ママ「妹が大好きで、お兄ちゃんは妹のことをなんでも許しちゃうの、、、」

なんていう話と距離がありすぎなんだけど。どーゆーこと?

君たちさぁ、ケンカしすぎだよっ。母は、そんな君たちに疲弊しております。 

来年のラン活に備えて。欲しいランドセルをチェック

来年春は、娘も年長。

兄が購入を検討していたとき、「わたしもー!」といって、ランドセル展示会に赤のランドセルを背負わせて欲しくて、ねだっていたなー。

どうして、買ってくれないの?なんで、ずるい!

と言っていたのですが、そのうちに、あれは、もう少ししてから買ってもらうことがわかったようで、「年長さんになったら、かってくれる?」と言うようになりました。

 

現在、彼女はピンクが好きなのですが、このままピンクのランドセルね、などと言われたら、母の思いである赤のランドセルになってくれないかもしれないので、一生懸命「やっぱり、赤のランドセルはかわいいわねー」と誘導中です。(目下、うまくいっているようです!)

 

今年の鞄工房山本

今年のラン活を眺めていると、、、

あれ?13日に売り出された鞄工房山本、初日にも完売せず、再販となった15日からいまでも、余裕で買えるじゃないですか!

というか、全然人気ない!

やっぱり、あれだ。あの、人工皮革を使用した問題を隠し?て、販売した昨年の評判のせいですね。って、私もその一人ですけど。

 完全に、失敗しちゃいましたね。

 

ここまで工房系、として名を馳せたというのに、もったいないですね。やっぱり、人工皮革使用は、もっと先送りにすべきでした。

昨年の販売後に暴露、、というやり方も非常に問題がありましたよね。それによって、いろいろなものを完全に地に落としてしまいましたね。

 

 

工房系、として一気に全国区に人気を博したメーカーですから、こうした評判は、痛手ですよね。とはいえ、もともとそう多くは制作しないでしょうから、今年もいずれ完売するでしょうけれど、、、た、多分。

昨年1時間もせずに完売したメーカーとしては、今頃はドキドキ販売状況を見つめていることでしょうね。一昨年、昨年と、その注文受付日だけで1年間分のランドセルの売上をしたわけですから、今年は、目論見大外れですよね。

 

それだけ消費者の目は、厳しいということです。反省してください!(上から目線。)

 

・・・といっても、私は、息子の背当てまで真っ黒のレイブラックは気に入っていますので、別にこれからの売れ行きが悪くてもいいんですが、今年急いで買った人たちは、肩透かしですよね。

土屋鞄もA4フラットファイルに対応したこの時代、選べるランドセルは、増えましたよね。

娘には萬勇鞄のランドセルがほしい

・・・ちなみに、私は、来春ラン活する娘には、萬勇鞄を狙っております。シンプルな刺繍なしモデル、が希望です。

www.manyu-randoselu.jp

あれ、やっぱり、工房系(笑)。

広告費にお金をかけておらず、銀座や表参道にショールームがないことが気に入りました。( ̄▽ ̄)

しかし、つまりそれは、ほとんど触る機会がないことと同義。困ったな。

 

すでに、(私の中で)こちらのモデルが最有力。

f:id:citronbiscuit:20180521163242p:plain

問題は、、、赤がない。

あと、背当てとステッチがすべてラベンダー。

惜しいなー。

その他の機能面は、ほぼ気に入るのに。

2019年度 ラッフル(牛革)

f:id:citronbiscuit:20180521162507p:plain

2019年度 グラシア(牛革)

レッドはあります。

が、気に入らないのは、内側のチェック柄です。もっとシンプルにしてください。女子は、このくらいは仕方ないかしら。

萬勇鞄の特徴として、肩ベルトも背負いやすそうだし、女子にもシンプルなモデルがあり、手持ちのハンドルは便利そうだし(意外とないことの不便さに気がついた)、意外と使用頻度の高いポケットが広く開いたりするのがほしい!(でもリコーダーポケットいらない!)

と、勝手に娘のランドセルに夢を抱く母です。ポケットがの窓がハート。♥。・゚♡゚・。♥。に抜かれているとか、絶対に嫌なのー!

その誘導に乗ってくれるかなー(笑)

プラネタリウム 行ってきました!

土曜日は、いつものようにレゴスクールです。小1のレゴスクールは、徐々に高度になってきています。来年が楽しみなカリキュラム、です。(負け惜しみ)

 

そのレゴスクールが終わってからは、ダッシュで次の予定「プラネタリウム」へ行きました。予定していたのは、世田谷区の施設です。

 

自転車を漕いで行きましたが、意外と近くて、早く着きすぎ、ジュースをせがまれ、図書館で本を借り、どうにか時間まで「もたせ」ました。(o´Д`)=з

f:id:citronbiscuit:20180521125533j:plain

こちらの良い点は、1日1回 幼児から小学校低学年むけ、「ちびっこタイム」の投影があるんです!そして、、、土日は小中学生は無料!です。(幼児はいつでも無料)。大人400円というリーズナブルさ。所要時間は50分と聞いて、ちょっと長いかな?とも思いましたが、、、なんてお得なんでしょう!

プラネタリウムの施設はとても新しく、座席も快適。こんなに安いのに、最高ですね。

 

今月の内容は、いちばん小さな星座「みなみじゅうじ座」でした。

みなみじゅうじ座 - Wikipedia

息子は、解説員さんの問いかけに(うるさいくらいに)答え、食い入るように星を眺め、負けじと妹も飽きることなく、お話を聞いていました。

大人の私も、なんとなく、知っているつもりでしたが、ゆっくり解説いただき、興味深く聞くことができ、50分なんてあっという間でしたね。

 

帰り道でも、息子は、太陽の日の入り時刻や、南十字座が見えるオーストラリア、そして、方角について、片っ端から、不思議に思ったらしいことを聞いてきました。私も必死に答えましたが、そのあと自分で宇宙の図鑑から、地球の磁力について調べて、「ふむふむ・・・」納得していました。 

DVD付 宇宙 (学研の図鑑LIVE)

DVD付 宇宙 (学研の図鑑LIVE)

 

 

母は自分を褒めてあげたい

なんだか、とてもアカデミックな時間(レゴにも行ったし)、かつ、スポーツ(習い事のサッカー)にも時間を費やし、充実した土曜日を過ごしました。これをすべてお膳立てした母を、だれかに褒めてもらいたいくらいですが、だれも褒めてくれないので自分で自分を褒めておきます(笑)。

それにしても、小学生にはこうした刺激をすることが、もしかしたら、、、次へ繋がるかもしれませんね。これからも、息子の興味を探りながら、ひとつひとつ確かめていけるように、サポートをしてあげなくては、と思いました!

「世田谷ではこんなに見えませんけどね」という解説員さんの言葉が効果的だったのか、天体望遠鏡を買わずに済みそうですが、せっかくなので天体への興味を保つ作戦をしばらくやってみたいと思います。月替わりでプログラムも変更されることだし、ちょくちょくお邪魔しようと思います。

日にちによっては、施設で天体観測をさせてくれるようなので、そちらの観測に連れて行こうと思います。 

7歳のお誕生日プレゼント

7歳のお誕生日を迎える息子に、何が欲しいの?と尋ねていると、、、

 

「うーん、天体望遠鏡と星座の本」

 

えっ!Σ(゚д゚;)

そんな、ガクジュツテキナ品物をほしがるのですかっ!

f:id:citronbiscuit:20180516123948j:plain

 

 ん?待てよ、これは、もしや、、、

息子「そうそう、キュレンジャーでさー」(ルパンレンジャーの前作です)

やっぱり、あー、そっち。

星座の図鑑をほしがる7歳男子

 まぁ、考え始めのときに、候補となったのは、いつものこれら。

星・星座 (学研の図鑑LIVE(ライブ))

星・星座 (学研の図鑑LIVE(ライブ))

 

 あれ、学研は2017年発売ですが、小学館は、2003年発売とだいぶ時が経っていますね。

星と星座 (小学館の図鑑NEO)

星と星座 (小学館の図鑑NEO)

 

 

私も、こどものころ、星座に夢中になった口です。

星座早見表とかで必死に空を眺めたのは小学校5年生ころ、だったかしら。当時買ってもらった図鑑を食い入るように眺めて、星を見つめていました。

そのため、なんとなくは、詳しくなったような気がします。でも、星座の本というのは、基本的に神話が元でストーリーの説明になっていますので、ようやく平仮名の小学生に、神話に出てくる神のはなしなど頭に入るとは思えません。そして、この東京の薄汚れた空気によってほとんど見えない星空を、扱いにくい天体望遠鏡で見てもね、、、

今の時期に与えても「なにがたのしいわけ?」ってなっちゃうんじゃないかなぁ、と。

北海道や長野とかに行ったりすれば、また楽しく星も見つめられると思いますが、そもそも星ってなにさ、というレベルの子供に、、、と思うと、ムリですね。

うん、やめよう。

でも、いまは、アプリで星空と対照できたりして、便利な世の中ですね。私が、子供の頃にあったら、楽しく見ていたに違いないのに。

camphack.nap-camp.com

 

そもそも星座にハマる?なんて、、、

キュウレンジャーにそれほどはまった様子はなかったのに、ちょっと気になるようで、その後レゴスクールで宇宙について制作が進んだ時も、宇宙の図鑑を食い入るように見てました。

「宇宙」なら、買ってもいいよー。と思っていたのですが、そのときは「やっぱり、昆虫にする!」となったため、購入には至っておりませんでした。

そもそも、星座の図鑑というのは、星座早見表とかついてますが、さすがに、それは7歳男子にはハードルが高めのようですけれども。

というか、そもそも星座っていうのが、どういう存在なのかわかっているのかな?という疑問が大きく、ここは母の意訳により、

宇宙の図鑑を買うほうが良い

という結論に至りました。

ということで、今回はBBCの映像もあるこちらにしましたよー。 

DVD付 宇宙 (学研の図鑑LIVE)

DVD付 宇宙 (学研の図鑑LIVE)

 

 

天体望遠鏡への憧れ

天体望遠鏡は、置き場所も困るしなぁ、と悩みました。そもそも、7歳男子に扱えるのかしら。 

 

私も好きな方だとは思うけれど、、、さすがに買うことはありませんでした。

天体ショーがあるたび、楽しそうだなぁ、という思いもありましたが。(ミーハーな感じで、ハレー彗星(1986年)とか、ヘールボップ彗星(1997年)とか。なつかしー!)

でもねー。こんな代物ですからねー。 

Vixen 天体望遠鏡 ミニポルタ A70Lf 屈折式 口径70mm 焦点距離900mm 経緯台式 39941

Vixen 天体望遠鏡 ミニポルタ A70Lf 屈折式 口径70mm 焦点距離900mm 経緯台式 39941

 

そして、3万!

・・・そりゃ、やっぱり、ないなー。

やっぱり、望遠鏡を扱えるかという基本的な問題のため、まずは、宇宙についてお勉強が出来てからにしようと思います。もう少し大きくなってからでも、興味があるのなら、それから考えることにします。

でも、こんな風に興味を少しずつ大きく、広げてくれていることに、まずは感心しちゃいます。

息子の世界を広げる手伝いをしてあげたい、そんなモノをプレゼントしてあげたいです。これからは、自然にあふれた場所に行くときは、望遠鏡や、虫眼鏡を持って出かけよう、と心に誓うのでした!

 

とりあえず、週末は、予定さえ合えば、地元の子供向けプラネタリウムに連れて行こうと思います。(問題は妹がその時間に我慢できるかどうか、、、)