こども2人と3人暮らし

13歳男子と11歳女子を育てながらフルタイム勤務中。夫の単身赴任を2020年に終え、5年4か月ぶりに同居生活となりました。夫と別居していた自由な日々を懐かしむ毎日。

中1男子 中間テストを終えた感想

息子は、先月、人生初!の中間テストを終えました。

 

えぇ、その間もSwitchはやっていましたとも!

その昔、中学受験生だった彼は、Switchの封印に同意したのですよ。

小5の秋から。

やり始めると、やはり中毒症状が出て、毎日やらないと気が済まなくなるのですが、

薬物と同じ?で、やらなければ、思いつかなくなるのです。

ほんと、ゲームって、依存性、すごいですね。

自分で制限できる子供なら、問題ないのでしょうが、息子の場合は無理。

外圧かけないと、ダメです。

でも、外圧はかけてしまえば、それ以上(母の隠し場所を探そうとか、ゲームをやるための努力)はしないことはわかっていました。

 

もっとも、ゲームが禁止されてしばらくは、「やりたいなー」とうるさかったものの、

やってしまうと、やはり成績が下がることを、というか時間を使いすぎてしまうことに同意してくれました。

親の愛のムチですよ。だって、親的にはどうでもいい。

ゲームをやって受験がダメになるも彼の人生。

 

割を食ったのは、当時小3の妹。

妹がゲームをやっているのを見せれば、それは苦しくなるようなので、

娘を説得。

説得に応じてくれました。

が、皆がSwitchの話題を出すのに、自分は受験生でもないのに、なぜか禁止になってしまったわけで。

怒っていましたが、それも、時間とともに忘れ去られ。

二人ともゲームをしない日々。平和でしたねー。うるさくないし。

 

ま、なんだかんだ、やらない時間が増えれば増えるほど、1年以上封印することは、さほど苦でもなかった様子。

 

が、勿論ですが、受験が終わるとともに、封印は解かれました。

あまりにもやらなさ過ぎて、完全にバッテリーが復活するまで、時間はかかるし、

母は見守り設定を忘れるし、で、大変。

結構すぐに、Switchのコントローラーだめになりますよね。

高いのに。

 

受験の禁止期間中も、「アミーボ」は買っていたのです。

買っておくことが、励みになるようだったので、フィギュアとしての購入は許可。(但し、見えないように、母の預かり。)

 

その後も、新しいゲームは導入せず。

 

中学に入学するまで、そして、入学してからも、制限時間つきでやれることになりました。毎日必ず、遊んでます。

 

中間テストの最中もやっていましたよ、、、

あーあ。

でも、最初のテスト、勝手がわからないこともあるでしょう。

だがしかし。中学生ですからね。

 

痛い目を見るがいい。。。。

 

そして、結果が戻ってきています。

帰宅して、なんだか言わない日が多い。

まぁ、良くなさそうだし、聞きたくないけどさー。

聞かないわけにもいかないし、聞いてみました。

 

すると、なかなかのひどい点数。

 

ぷっ。

 

偏差値的には苦しくない程度の学校を希望していたので、

入学後の授業もさほど苦しんでいる様子はなかったものの。。。

テストの結果を見て、どう思った?と聞いて見ると、

「やっぱり、宿題はしたほうがいいね。」

そこか、おいっ。

眠いよ、ドラえもん(中学生の基礎英語)

息子、中学入学ほやほやなので、まだフレッシュ真っ盛り。

 

えぇ、早起きする息子に萌えるほどです。

あれほど、小6の時は、だらけていたくせに!!!

 

どんどん、早く行きたがるようになり、どうやら、7時半には学校につきたい様子。

 

ちょっと、本気?

それってさー、ママのお弁当を持たせる時間が早くなるってことじゃん。

 

「えーやだなー。もっと、ゆっくりさせて」

 

とは、言えない。

だって、遅刻スレスレ生活より、百倍、心が穏やかなやつ。

 

だから、せめて、ここで言っておく。

本当は、嫌だ。眠いもん。

 

が、息子には、「わかりました。ママがんばる。」

起きる時間を早めます。。

 

ということで、今朝は、5時からなんとなく、家の中の動きが気になってしまった。

すると、本当に、5時から、ラジオの中学生の基礎英語が聞こえてきます。

学校からの課題です。基礎英語を聞け~!と。

 

4月は、母の準備する音が聞こえるリビングで「基礎英語」を聞きながら、朝食を食べていた息子ですが、最近は部屋でだらだら聞いているような、、、たまには、机に向かって聞いているような。

 

とにかく、お弁当を作りながら、息子の発音を聞く、というルーティンのある時間でした。

せっかく、今回の基礎英語、友達はエイリアンだった!という荒唐無稽な展開を面白がるべきか、切捨てるべきかを悩んでいたのに、聞けなくなったじゃん。

 

まぁ、今の世の中、いつでも聞き逃しを聞けるからいいですよね。(NHKの語学アプリ、意外と使えますよね。私は、聞かないけど。)

ママの時代なんかさぁ絶対ラジオを聴くって大変だったんだからね、と、昭和のレトロ家電時代を懐かしんでいたら、

息子も、自分も毎日オンタイムで聞く!を目標に、実行に移し始めたので、葉っぱをかけてます。

 

ドラえもんラジオで。

ドラえもん ふしぎのサイエンス 7 組み立てラジオ・ドラジオくん (小学館学習ムック) | 藤子・F・ 不二雄 |本 | 通販 | Amazon

ドラえもん ふしぎのサイエンス 7 FM/AMラジオ ドラジオくん

 

基礎英語を聞くツールが、ドラえもんラジオ。(ドラジオという、名前があったとは、初めて気が付いた。)

 

これ、発売されたときに買ったものなんですよ。

いま、まだ売っていることを知って、びっくりです。あれから、11年まえじゃん!

 

購入後、小学生になったとき?に、暇を持て余したので、息子に作らせました。

だから、小学生ならひとりで作れるくらいに、簡単です。

知らないけど。(一切、本人に任せてた)

で、最近、小学校のおもちゃを捨てるものとより分けていた時、発掘されました。

問題なく使える!

 

基礎英語をオンタイムで聞く!を目標に起きてるみたいです。

当初は6時15分のAMのオンタイムを目標にしていましたが、終わるころの6時半から、急がなくてはならず、もっと早くにラジオを聞き終える目標を立てたわけなのです。

 

にしてもさ、5時から(FM放送)は、早すぎるんじゃないだろうか。

5時から、よく、聞けるよね。

とはいえ、この目標ももって、あと1か月かもしれない、と、せっかくのやる気を摘むことだけはしないように母は耐えるのみ。

 

が、母は、お昼休みに自席で突っ伏して10分の仮眠をとっていること、いつか思い出して「ママは頑張っていたわ~。あの頃がなつかしー。」とか言っちゃうんだろうな。

ご無沙汰してます。 私立中学に入学しました。

すっかり、いろんなことに忙殺されて、放置していたこのブログ。

ふと思い出して、開いてみたならば!!!

 

ほとんど毎日アクセスがある。しかも2桁。

 

どこかの検索に引っ掛かって訪れてくださった方、ありがとうございます。

 

じゃー、ちょっと書いていこうかな。

 

 

息子が中学受験を終えました。

小4年の11月に思い立ち、某大手塾に通い始めました。

理由は、「みんなが行ってるから」だったという驚愕の事実。小学生男子なんて、こんなもん。

 

 

塾に行きたい理由を尋ねると、息子が、「いい中学に入りたい!」とかいうものだから、「いい、ってなんだー!!!」と母、猛反対。

いい、という基準もないくせに、何を言ってる???と。

 

それにさ、一緒に遊ぼうよー、小学校生活なんて、一度きり。家族みんなで出かけよう、という説得むなしく、大手塾のATM作戦に負けてなるものか、と
歯を食いしばる母。

ATM状態の父。

おい。

 

ま、無事に2月の勝者と言える結果を手に入れ、楽しそうに、通学してます。

通学先は、塾友が「行きたがっていた学校」です。

(塾友も同じく合格。だが、その後ほとんどしゃべってない。なんだよそれ。)

 

私立は高いですが、でも、塾に支払っていたことを思うと、

一日息子の相手?をしてくれて、友人もよさげな子ばかり、さらには部活という時間まで相手に?して遊んでくれることを考えると、コスパいいじゃん、という結論です。

遠足、とかもあるし。

ということで、私立をたたえるわけじゃないですが、公立だって良い面があると思うのですが、先生がほとんど異動しないよさ?悪さ、など、いろいろ良いと思ってます。

それに、きっと、娘は公立を選ぶと思いますので、公立中学批判する気持ちなど、さらさら、ありません!

だって、私は、高校まで公立!ビバ、公立。

 

とにかく、小学校の授業が「つまらない!」とうるさかったので、ほどよく噛み応えのある授業で、飽きることなく通えている模様。

母は、男子校、というだけで、萌えてました。

が、それも、なんだか、色あせてきた入学後1カ月の、今日この頃。

この1年の娘の成長

2023年3月。娘9歳。小3も終わります。

 

兄の通塾のため、ひとりお留守番時間も増えてしまって、さびしいかな、と思う今日この頃。

でも、兄といても、ケンカしちゃうので、一人で過ごすのが、最高だそうです。

娘は成長し、一人留守番を心配するどころか、本当にいろいろやってくれるようになりました。

 

母にとって最高に疲れが取れるのが、、

最近は、帰宅すると娘によって、以下の作業が完了してます。

 

①リビングから洗濯物がほとんどなくなっている。

洗濯物を取り込む。→ たたむ → 個人の着替え以外、ほとんど引出へIN

②テーブルも、ソファ周りもすっきり!クッションも、よい位置にある

使ったひざ掛けなども、すべて畳まれて部屋の隅に。

③階段、リビング、キッチンに髪の毛が見当たらない

スティックタイプの掃除機で掃除済み。

④ごはん、炊いとく?と、帰宅途中の母に電話がある。

炊飯開始までやってくれる。

⑤お風呂も準備済み(風呂掃除は夫担当。)

浴槽の栓を閉め、お湯張り完了。

⑥食洗機の食器が全て指定の場所に戻り、朝に使ったフライパンも洗ってある。。。

これらを完了し、「ひまだったからさ。」と、ちょと照れつつも、こともなげに言ってみせる娘が、かわいい。

あなたの、おかげで母は、働けるよ!

とちょっと大げさに言いますが、本当に本当に、助かるわけです。

 

小3女子、出来ることも増えたし、クオリティもすごい。

ありがとう。

・・・あ、息子は、上記のうち一つも、やりません。

 

 

あとは、夕食づくりだけれども。

さすがに、18時過ぎに母は帰宅できるので、そこまでは頼みません。

(火を使うのは怖いし。)

 

とはいえ、専業主婦の娘だった私は、まったくと言っていいほど、小学生時代に留守番することもなかったため、やった覚えはありません。

もちろん、母の直接指導監督の元、やらされたため、

母が祖母の入院などで1週間の不在があったときなどは、代わってやることはありましたけど。

 

自ら行動する、というのが大事ですよね?

私の場合は、娘に何かを頼んではいないので、嬉しさ倍増。

(もちろん、雨の降りそうな日に、洗濯物を取り込んでね、とは言ってた。)

働く母をもつということが、子供にとっては負担かもしれない、という申し訳ない気持ちはありますが、家事は、やれる人がやるべきですよね、というスタンスで絶賛指導中。

そういう意味では、娘は、私の思いを非常によく理解してくれています。

 

その感謝を何かであらわすべく、小銭をプレゼントしようとすると、「そういうつもりじゃないし」なんてカッコつけちゃう。

そこも含めて、すばらしー。

っていうか、かわいい。

 

母の「誘導戦略勝ち」じゃなかった、母の教育の効果、ですよね。

 

・・・いつの日か、やらなくなった日のために、記録しておこう(笑)。

小学生と行く京都旅行⑩

昨日までに、メインの観光地は抑え食べたいものもだいたい買いましたので、午後3時半の新幹線まで、ゆっくり。

 

いやいや、行けるところいっぱいあるよね。京都なんだから。

 

が、行こうとしていた京都御所。

年末年始は休みなんだって。しかも、12/28~1/4まで!!!

まじか。

ちなみに、二条城も、年末年始はお休みです。

 

自分自身も、年末だと思っていなかったこともあり、

そもそも観光地としてやっていると思っていたら、違うのね!!

 

ちっ。使えないぜ。

娘に、たいせいほうかんしたのがー、ってやろうとおもったのに。

ま、「タイセイホウカン?たいせい?ほうかん?」ってなっただろうけれど。

(日本の歴史漫画、幕末を読んでない娘)

 

ということで、気を取り直して、チェックアウトの手続きをして、荷物だけ預かってもらう。

 

でもって、受験の神様、北野天満宮へ、、、

 

と思って地下鉄を使い、今出川駅で降り、その後はバスに乗ろうと思ったら、その思ったバスがなかなか来なくて、なんなんだよ、と適当に、方向だけはあっているはずのバスに乗ったら、やっぱり間違ってて。

あたりまえ。

このあたりで、適当な性格がでちゃいましたね。

仕方なく、下賀茂神社に行くことにしました。



f:id:citronbiscuit:20230322132404j:image

が、娘は、「北野天満宮じゃないの???」

とにもかくにも、下賀茂神社は、お守りがたくさんあると聞いていたし、娘的には満足し、家族全員に干支お守りを購入。

 

えーと。わかったよ。

行きますよ。Hey,taxi!

 

ってことで、タクシー使っちゃいましたよ。

朝、バスを待っていた(今出川駅)同志社大学の横を通ったのですけど、朝待っていたバスの方向とは反対方向だったことを、しっかり認識させられ、そりゃ、待っていても、反対側のバスがちょうど来たよなぁ、って思ったわけだ。

 

あぁあ。3日目にして、適当すぎる自分に、嫌気がさしました。

住んでいないから、方角がわからないから仕方ないもん!と、内心で自分を慰めようと思いましたが、そういえば、海外旅行したときも、こういう迷宮にひとり迷い込んだが最後、自力脱出が困難だった場面には数多く遭遇。

若くて、度胸だけはあったので、適当な英語で、周りの人に泣きついて、つたない英語で切り抜けたものだった。

 

でも、もはや、若くて、頼りなさげなジャパニーズでもないので、そして、日本人の中年女性なのですから、仕方がありません。

あぁー、こんなときには、度胸だけ母の100倍ありそうな、息子に道を尋ねさせたい。

そんな母の思いは、まったく理解されない小3女子との旅は、疲れます。

 

 

北野天満宮に向かいました。

偶然に乗ったタクシーの運転手さんは、非常に話好きな方で、「どこから来たの?」から始まり、京都のうんちくやら、北野天満宮への観光客の多さについて、ずーっと一人、話しておられました。

まぁ、小学生と母の旅、って、そうは多くないでしょうからね。


からの。


f:id:citronbiscuit:20230322132516j:image

北野天満宮で、ひたすら、牛をなでる。


f:id:citronbiscuit:20230322132436j:image

 

まだ、お昼前じゃん!

そして、おなかが空かない娘とともに歩かされる。

 

とりあえず、駅に戻ってお昼を食べ、次の観光地に向かいます。

小学生と行く京都旅行 ⑨

えーと、前回はここまで。

www.citronbiscuit.com

更新が、遅すぎる。やる気があるのか、と思われると思いますが、やる気はあります。

 

さて。

次は、銀閣寺に向かいます。

疲れて歩きたくなりはじめた娘を地下鉄まで歩くのはあきらめ、

清水道、のバス停を目指します。バスを2本乗り継いで、、と思ったところで、

めんどくさい。

バスに1本乗った後の、乗り継ぎのバスがどれになるのかわからなくなった私は、「Hey,taxi!」ってことで。

タクシーを止め、ブルジョア感をだす。

 

娘よ、見ておいてね。これが、働く母のパワーです。

(だって、寒いし。)

で、ぬくぬくと、銀閣寺の入り口のところまで、タクシーでのりつけます。1000円ちょっとかかった。

(でも、銀閣寺のお寺までは少し歩きます)

 

やったね。

パスモケースのリールが壊れていたので、娘はいちいちバッグから取り出していたので、代わりのものを買おうと思っていたのですが、

同じ商品を「すみっコぐらし堂」で見つけて、娘うれしそう。。。。

小3ですけど、、このタイプのしろくま、にしました。

娘が小学生でPASMOを渡したときに、とっても喜んで使ってくれたのですが、

すでにしろくま、じゃなくなって、茶色くま、でしたけど。

 

からの、銀閣寺。

小学生は、銀閣寺は渋すぎるかなー、と思ったのですが、「金閣寺」と「銀閣寺」は外せないよ!と聞きつけたらしく、「絶対行く」とのことで。

はいはい。

 

久しぶり銀閣寺!


f:id:citronbiscuit:20230316122829j:image

あぁ、こんな感じだったのね。

私も、高校の修学旅行以来で、いろいろ忘れてます。

 

ぐるっと一回りし、お昼ご飯をなぜか銀閣寺の入り口に一番近い、茶屋?でたべました。1

tabelog.com

時間は14時。さて次に向かうは、、、「金閣寺」です。

べったべたな観光地ばっかり。

ひたすら、乗っていれば着く市営バスを利用(30分くらい?)。二人とも眠かったので、ちょうどよかった。

もちろん、私は眠れませんけど!

 

 

はい、到着。3時ちょうどでした。

駐車場もかなりいっぱいだし、貸切バスもたくさん止まってます。

混んでるねー。

 

入ると、池の手前は、写真撮影を狙う人(外国人観光客がたくさん)たちでいっぱい。

最前列に並ぶには、撮影が終わる人を待って、ようやく、たどりつく感じです。

ちょっと違ったアングルで、というのは一苦労。


f:id:citronbiscuit:20230316122920j:image

 

きらきら、金ぴか。

これが、有名な金閣寺、です。

はいはい。見ましたねー。

 

誰が作ったのかというと~、、、「知ってる。あしかが、でしょ」

いやいや、銀閣寺だってさー。

 

これが、日本の歴史漫画を軽く読んだだけの、小3のレベルですよ。

わが家で中学受験用に選んだのはこちら。

 

歴女に、なるつもりも、なることもできないでしょうね。

実際に訪れた感じを出すべく、後ろ側も含めた金ぴかを満喫して、あっというまに見学終了。


f:id:citronbiscuit:20230316123035j:image

 

「このあと、どこ行くの?」

うーん、まだ4時前か。

思ったよりも、早くまわれちゃうものだな。。。。

ええと、それでは、この近くにある「竜安寺」に行こう。

いま、思いついたやつだけど。

でも、現在は開いているのが、冬時間なので、16時半閉門。

まじか。

 

いそげ。歩こうかと思ったけど、、、道間違えたらアウトの時間だな。

バスをもってられん。

 

「Hey,taxi!」

はい、また、出ました。

タクシー乗車 という切り札。

ただし、近かったので、500円くらい?で着いちゃいましたよ!

タクシーの運転手さんには、怪訝な顔されましたけどね。

ギリギリ!でも、石庭まで距離がある!!

 

ダッシュε≡≡ヘ( ´Д`)ノ。

 

ふぅ、到着。

庭を眺める人たちは、割と多く、20名ほどの方がのんびり見つめてました。


f:id:citronbiscuit:20230316122955j:image

今回、訪れるつもりじゃなかったので、マメ知識少な目。

っていうか、私は忘れてる。

でも、ネット、繋がらず!

なんだよ、マイネオ!今日2度目のつながらないパターン。

やめちゃうぞ。(本当に1月になって、やめた)

 

www.citronbiscuit.com

 

娘は、石庭を見る前にちらりと見たお土産品が欲しかったようでしたが、

庭を見終えたころには、こちらは閉店。

悔しがってました。

 

そして、金閣寺から京都駅へ戻ります。

すでに17時。

 

一日、よく頑張りました!

特に、母が!

小学生と行く京都旅行⑧

ゆったりペースですが、続けてます。

www.citronbiscuit.com

 


平等院鳳凰堂、東寺、ときて次は。

唯一の丸一日使える日。はい、さくさく動くよー!天気もいいし。

「8時半には、部屋を出ますよー!」(荷物移動がないから楽ちんな朝。)

昨日買っておいた、パン食べようね。

ママは、備え付けのコーヒードリップ使おう。

 

と、出かける気力満々な母に対し、だらだらとする娘。

おいおい。せっかくの晴れた朝。支度して!

 

「どこ、行くのー??」

いっぱい、行くよー!まずは、、伏見稲荷大社ね。

赤い鳥居がたくさん、あるみたいだけど、母は、まだ行ったことない。

ま、きっと楽しいでしょう。

 

昨日乗った電車に乗ります。(なんか、損した気持ち。昨日行けばよかった。)

inari.jp

JR奈良線 稲荷駅(京都駅から5分)を出ると、すぐそこです。

f:id:citronbiscuit:20230222131559j:image

狐がいっぱい。

外国人観光客がかなり多いイメージでした。

 

鳥居は、一方通行。

おおーきれい。


f:id:citronbiscuit:20230222131642j:image


みんな、人のいない写真を撮影しようとしているため、なんとなく間隔をあけながら、歩きます。

千本鳥居を抜けたところにある奥社奉行所で折り返します。

(疲れてすぎてもね。)

でも、朝が早かったためか、周囲はわりと静か。

 

娘が飽きたところで、終了。


f:id:citronbiscuit:20230222131708j:image

狐たちが見守るなか、次は、京阪本線 伏見稲荷駅に向かいます。(徒歩5分)

 

つぎは、清水寺へ行くよ!

京阪本線をつかって、清水五条駅へ。そこから1.4キロ。

徒歩だなー。

途中お店もあるし、大丈夫でしょう!

と思いましたが、帰りに散策することにして、お店の少ないほうの道(坂道)を上ります。

お店もない道での、登りは、娘としては結構きつかったようです。

まぁ、稲荷大社でも、ゆるやかだったけど、登ったもんね。

 

ということで、清水寺について、すぐにお茶屋さんに入りました。まだ、10時になったばっかりなのに!

そこで、娘は茶団子、わたしはぜんざいを注文しました。

f:id:citronbiscuit:20230222131728j:image

母のぜんざいを味見したくなった娘に、ほぼ、奪われました。

・・休めて、歩くようになるから、マシ。

からの清水寺。


f:id:citronbiscuit:20230222131809j:image

おおー。

ひさしぶりー。

清水の舞台に行く前に、こちらに行くことに。

御本尊(千手観音菩薩)。

真っ暗な中を、数珠を頼りに、歩く、というものです。

 

100円。

靴を脱いで、階段を下ります。

おおー。真っ暗。ほんとうに、真っ暗。

3分ほど、ぐるぐるまわっているなぁ、と思ったら、光が見えて、そちらにある「石」に触れて、願い事をする、というシステム。

並んでいなければ、5分もかからずに終わってしまいますが、まっくら体験も楽しかったです。

 

そして、いよいよ清水の舞台へ。

でも、舞台側だと、舞台にいる感じがあまりしないので、写真としては、その周りからの撮影のほうがいいですよね。

でも、手すりは、空いているところがないくらい、ぎっしりと人だかり。


f:id:citronbiscuit:20230222131832j:image

その周囲のほうが、写真映えしますよね。

ひとしきり、いろいろな角度から写真を撮って、清水の舞台は神様に見せるためのものであることを、娘に講釈します。

 

あー、本当に混雑がすごかったんですよ。

そのせいか、マイネオはほぼ、電波を拾えず。

山とはいえ、こんな観光スポットで、電波を拾えないなんて、と、解約に向けた気持ちになったのも、この日のことがあったから。

マイネオからOCNに変えました。

www.citronbiscuit.com

 

音羽の滝も、清水寺の人気スポットだと思うのですけど、結構な並び列ができていまして。

清水寺【音羽の滝】のご利益は?飲み方や参拝の順番を徹底解説|THE GATE|日本の旅行観光マガジン・観光旅行情報掲載

娘は、あれをやったら何なわけ?と言い出す始末。

母は、ネットでいろいろ読み上げて説明するつもりでしたが、ネットがつながらないため、あきらめました。はいはい、やめます。やめましょー。


f:id:citronbiscuit:20230222131902j:image

阿弖流為の碑くらいは、見たいかなぁ。

中学受験に出てくる坂上田村麻呂が、清水寺の建立に尽力し、その坂上田村麻呂が征夷大将軍となって、阿弖流為(アテルイ)率いる蝦夷を討伐したんですよね。


f:id:citronbiscuit:20230222131937j:image

それで、1992年になって、清水寺の境内にその碑を建立したそうですよ。なんだ、最近じゃん。

 

そして、帰り道は、混雑する中、食べ歩きしながら、次を目指します。

抹茶バウム。(食べ歩き用)

お土産に買いたかったんので、味見。
f:id:citronbiscuit:20230222131948j:image

なぜか、、すみっコぐらし焼を食べる。
f:id:citronbiscuit:20230222132007j:image