こども2人と3人暮らし

8歳男子と6歳女子を育てながらフルタイム勤務中。2015年春より夫は単身赴任中。大変だけど問題なく暮らしてます。

十二国記に愛を叫ぶ

母は、絶賛、読書中です。 

十二国記の最新作!2巻発売されて、現在2巻目半ば。

 

いま、絶対死にませんから。

っていうか、十二国記の続きが読めるなら、それまで絶対死なないから。

絶対、全部読んでから、死ぬ。

白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)

白銀の墟 玄の月 第一巻 十二国記 (新潮文庫)

 
白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記 (新潮文庫)

白銀の墟 玄の月 第二巻 十二国記 (新潮文庫)

 

 あー、この日をどれだけ待ったことか。

って、私は18年も待ってはいませんが。

読み始めたのが、15年前くらい?なので。

15年待ちました。 

 

どれほどの回数、十二国記の最新作が自分の気づかない間に出てはいないか、

とネットで検索していたか。

 

間もなく新作が完成「するする」詐欺が横行していて、

ついに、大作が刊行されます、と聞いたのが、昨年12月12日ですよ。

ここまでかぶせてくるか、と(笑)。

 

 

第1巻の「初版」部数50万部だそうですよ。

小説で、これって、たぶん、ものすごいこと。 

hon-hikidashi.jp

 

十二国記は、累計1000万部ですって。

流行にのってもみてもよい方は、ぜひー!! 

しかし、漢字の多さと、本の厚さにひるんじゃいけませんよ。

読めば読むほど、、、ですから。

【待望の新作!】いまからでも追いつける、『十二国記』シリーズの3つの魅力 | P+D MAGAZINE

 

小野先生の頭のなかは、いったいどんな頭になっているんだ!

想像力といい、細かな観察眼といい、自分の頭のなかだけで、

これだけの世界観、ファンタジーなんていうものを超えたところに、

生き生きとした登場人物たち。

登場人物は、もはや三国志なみですよ。

それらが、すべて、むずかしいお名前なものだから、これまた脳トレです。

 

十二国記の世界に触れた方はお分かりでしょうが、

壮大、なんてものじゃないストーリー展開と、それらを頭に想像するだけで、

普段の生活を忘れます。

 

・・・仕事?

王の、そして、麒麟の仕事と比較し、その本質について考えよう。

・・・こども?

え、これは、人間の女性が産むものなの??

・・・週末をどう過ごすか?

すべては、民のために、天の御意向を!

 

という感じで、現実世界を軽い息で吹っ飛ばす威力があります。

これを読むと、雑音が消え、雑念が去り、自分の存在さえ、疑いたくなります。

あーーー!

十二国記を、存在していない全巻さえ、読んでからでないと、

死にきれない。

小野先生、どうかどうか、私に十二国記のすべてを与えたまえ。

私の無為なる体力を、すべて小野先生にささげて、物語すべてを書いていただいて、

私はそれらをすべて読んでから死にたい。

 

ずーっと待っていた新刊は、台風19号のために発売日(10月12日)に受け取れませんでした。

翌日の日曜日、日本郵便が配達してくれましたけど。

こうした嵐を、十二国記では「蝕」と呼ぶので、

ファンの間では、「発売日に蝕なら仕方ない」とかえって盛り上がっちゃったというのが、

なんとも。。。

 

来月発売されるあと2巻、楽しみで、なりません。

が、それを読み終えてしまうと、人生の楽しみも終えてしまうわけなので、

読むべき十二国記を手にできる喜びで満たされている今が、最高なのです。

 

家事の合間に夢中で読んでいる母に、息子が尋ねるのです。

「いま、どんな場面?」

これに対する答えは、「王様をさがしているところ」

はい、これがすべてです。まったく、解決していません。

2巻が終わっても解決しないでしょう。。。

 

じらさないで、小野先生。

解決してくれるのはわかっているけど、いったい、どんな解決してくれるのー!!

この結末を読まないうちには、私、死ねない。

十二国記に愛を叫ぶよ。

 

現在未読ページが残りわずかとなりました。

うぅ、11月まで、待てない。。。

 

この本を、単行本では刊行しないあたりが、さらに大好きな要素です。

台風?だから今、母はピアノを弾くんだ。

年長の娘が「ピアノをならいたいの」なんていうものだから、

これは、本物かも、とピアノを習い始め、合わせて電子ピアノを購入しました。

 

www.citronbiscuit.com

 が。。

ピアノに触れようとする気配すくなっ。

えーと、「れんしゅうしようね」

娘「う、、、ん」

 

・・・弾こうとしない。

ピアノに近づくのは、ふと思い出したように兄がピアノを弾こうとすると、

娘「これは、〇〇ちゃんのだよ!」

ピアノにしがみつく。

えっ。

 

もしや、すでにピアノいやいやモードか。

っていうか、まだ2回目レッスンを終えただけですけれども。

 

だまされたのかもっ!

 

ま、いいや。

実は、私が、ピアノが懐かしくて、弾いております。

カシオのピアノに付属品としてついてきたピアノ曲集に、懐かしくて

かぶりついています。

そこそこ、なレベルの曲が満載。

エリーゼやら、ソナチネレベルの簡単なものから、ショパンの「黒鍵」とか。

バッハ インベンションとか。

 

懐かしくて涙でそうだわ。

ということで、譜読みにひぃひぃ、泣き言がでそうになりつつも、

32分音符とか、ひるみながらも、

動かぬ指と動きが鈍い頭をひねり、ひとつずつ、克服し、

何度も何度も指に負荷をあたえ、繰り返し覚えさせながら、弾いております。

あー、脳みそほぐれるぅ。

 

先日の台風の真っ最中(東京20時すぎ)は、すべてのお宅でしっかり窓を閉めているだろう、

風もびゅーびゅーして、吹き付ける風雨の音しか聞こえないよね、ってことで、

家の中は、平穏な空気が流れていることをかみしめるように、

暴風雨のなか家事もそこそこに、母がピアノを弾きまくっておりました。

 

娘よ、こんな母の姿を見て、ひとつひとつ階段をのぼってほしい。

 

今度、実家から、四半世紀前に使っていた楽譜達を引き取ってこようと思います。

ピアノを苦しみながら練習していた昔の私に会えそうな、

そして、いろいろな思いが思い出せるだろう書き込みを見るのが楽しみです。

f:id:citronbiscuit:20180208131611j:plain

もっとも、祖母との電話でピアノを習いはじめたことを報告した娘。

「ママよりじょうずになっちゃうよ~」なんて言ってました。

ぜひ、そうなってちょうだいなっ!

31時間遅れ。(国際線運行状況)

台風19号の被害、すさまじかったですね。

被害にあわれた方には、お見舞い申し上げます。

 

我が家の周辺では直接的な被害はなかったので、被害があった方には申し訳のないレベルですが、

台風のおかげで運動会が中止となり、

娘は、「あ”---!」とうめいていました。

6歳の娘にとっては、状況がわかりませんよね。

「たいふうとたつまきって、いっしょ?」と兄に質問していて、

兄が「たつまきは、風でくるまとかおうちが飛ばされるやつ」と答えていました。

・・・ちがうから。

 

本来であれば、夫が運動会を見るために、遊びに来る予定でした。

土曜の朝6時羽田着予定の飛行機です。

f:id:citronbiscuit:20180117094807j:plain

 

羽田発着の国内線はすべて「欠航」が発表された金曜日。

土曜「午後」の鉄道も各社で運休が発表され始めました。

 

が、国際線のフライトに関しては、金曜日の午前の時点では、予定通り、とされていたものの、

夫よりLINEで「東京行き、止めたほうがいいかな?」と。

知らんがな。

まー、止めたほうがいいんじゃないの。

出張から帰ってくるわけじゃなし、そちらにいるほうが、、、

 

無事に定刻通りに着陸できても、羽田空港からの足がないかもしれないし。

と答えたのに、

夕方になっても夫からは「(休みが取れているし)せっかくなので飛行機が飛ぶなら行きます」と言っていました。

ふーん。どうぞご自由に。

小学校は土曜授業も休校になっちゃったしね。こちらも暇ですし。

トランプの相手にちょうど良いかしら。

 

が、金曜日午後6時すぎになって、運行予定を確認すると。


f:id:citronbiscuit:20191015100003j:image

これって、遅れ?レベルでしょうか。

すでに日付の違う便になってますけど。

ここまでくると笑える。

国際線の扱い、ってこういうものなんですかね。

31時間遅れですよ。

 

ここへきて、夫がようやく「やっぱり乗らない」と言い出しました。

そりゃそうだ。

 

しかし、ANAの予約・案内センターは電話はパンク状態で、全くつながらなかったそうです。

サイト上でキャンセルまたは変更しようにも、

すでにオンラインチェックイン登録をしていたため自動的にすでにチェックイン扱いになっており、

サイトでは変更もできなかったようです。

 

ちなみに、国際線の悪天候の場合の払い戻しについては

 

「旅行開始日(開始していない場合発行日)から1年と30日以内のご連絡により、払い戻しを承っております。

  • 払い戻しのご連絡は、比較的電話がつながりやすくなる10月15日以降をめどにおかけください。」

 

と長い期間が設けられているようです。

 

電話がつながったのちの報告によれば、来週「振替」で帰ることにしたそうです。

夫 「あ、でも、土曜はゴルフ⛳あるから日曜日ね」。 

はー。もう、いいや。期待してないし。

 

結局、その後、このフライトは欠航となりました。

 

f:id:citronbiscuit:20191015095827j:image

 

「来週のフライトの時間なんだけど、、」というLINEが届いたのは、

土曜の午後9時。

東京が暴風雨にさらされていたときで、河川の氾濫が危惧されていた時間。

お気楽に暮らしているんですなぁ!と、温度差を感じました。

こういう別居世帯の温度差が、今後、団結力のなさを露呈するんだろうねぇ。。。

 

涙、、、

 今朝、こんなブログを書いたならば。

www.citronbiscuit.com

 

昼過ぎ、運動会を中止するとの連絡を確認しました。

 

がーーーーーーーーーーーーーん。

 

がーーーーーーーーーーーーーーん。

 

なんども何度も、練習してきた子供たち。

どれだけみんなに見てもらいたかっただろう。

 

娘は、きっと泣いたんじゃないかな。

私も彼女の活躍を見たかったな。

 

運動会は延期ではなく、中止。

とってもとっても残念です。

年長児として、かっこいいところを見たかったな。

 

台風19号と運動会

12日は、娘の保育園の運動会です。

はい、東京が台風の影響を受ける日ですね。


f:id:citronbiscuit:20191011053052j:image

なんて、ピンポイント、、

体育館を借りて開催するので、台風っていってもね、なんて思っていたならば。非常に強い勢力の台風ゆえ、中止の話も出てきました。

グラウンドでやらない分、延期が難しいみたいですが、あと何回寝たら運動会?と聞いてくるレベルの保育園児に、悲しい予測。

 

いや、命を守りましょう、は理解しています。

しかし、保育園最後の運動会を張り切っているこどもの姿を見ていると、そうは言い切れない気持ちもあるんですよ。はー、親心だわ。

さらに言うと、園児はリレー形式で年少さんから年長さんまで、走るのですが、娘はリレーのアンカーなのです。親に似ず、運動神経が悪くないこどもたち。よかった~なのですが、そんな晴れ舞台も人生にそうはあるものじゃないですし、ね。レベル低いっ(笑)。

 

やらせてあげたいな、、

毎年11月に開催していたのを、保育園の都合で10月に前倒ししたら、台風でこんな事態になるなんて、ね。

 

f:id:citronbiscuit:20180117094820j:plain

 

あ、ついでに言うと、この台風は、国際線のフライトにも影響がありそうです。

国内線のフライトは台風直撃でわりと欠航しますが、国際線はあまり聞きませんよね。

前後の便への振替があまりできないのと、欠航の費用が莫大になるので、飛ばしてしまうみたいなのです。

が、今回は、12日から13日のフライトはかなり欠航または大幅な遅延がでるそうです。 12日に夫が帰国する便は、果たして無事に到着できるのかどうか。

早朝着だから、間に合うかなー。

っていうか、毎回到着がギリギリ過ぎるんだよっ、と(怒)。

息子の運動会も、帰宅して1時間そこそこで出かける羽目になっていたような。

家にいるほうだって、支度が忙しいっ!

 

娘の「パパにも見て欲しい」運動会、どうなるかしら。

日本への被害がなるべく少なくなりますように。

都心も停電するかも、と言われているので、備えなくては。

電子ピアノ選び(初心者女子とちょこっと経験者の母の選択)CASIO CELVIANO 

ピアノ教室を選んだものの。。。

「ピアノを用意してくださいね。もちろん、88鍵買ってくださいね。」

えー、初心者女子に・・・

辞めるかも知れないじゃん。。。

 

と、思ったこともあって、前回、ピアノを習いたい男子を前に、ピアノを習わせることを断念した母です。

男子は、やっぱり、練習しなくなるんじゃないの、という気がしてならない。

(特に、うちの息子は飽きっぽい)

 

しかし。

今回は違います。

習うなら、もう習ってもいい時期だよね。

せっかくなら、小学校から譜読みが、楽になっておいて欲しいし!

ということから、今回は、母も本気モードです。

 

こうなると、さらに悔しくなってしまう私のアップライトピアノ。

だれだ?ピアノを売ってしまったのは!!!

いやまぁ、実家に残されていたら、邪魔だし、売りたくなるよねぇ。。。わかるんだけど、一言聞いてくれたらよかったじゃないの。

 

さすがに、アップライトピアノを購入する気はありません。

住宅事情がね。。。

夜、弾きたいってあるよね。

プラス、狭い我が家で、ピアノを奏でられても、逃げられない。。。

 

ということで、楽器店をめぐってみました。

山野楽器とか、島村楽器とか。

ピアノに詳しい方がいるかなー、、、とアドバイスをもらって、ようやく電子ピアノ物色の旅。

 

初心者用エントリーモデルなら10万円前後。

でも、ある程度弾くつもりなら、買い替え必要。

それなら20万円クラスまで出してあげてほしい、とのこと。

さらにその先を求めるなら、高級モデル30万円以上。

 

というのを念頭に。

電子ピアノは家電製品であることを考えると、もったいないですね。

アコースティックピアノならちゃんと手入れをすれば100年以上、ですからね。

うーん。

そして、技術はどんどん進んでいくので、数年たてば、

その最高峰技術とされていたものも、価格破壊が起きる、と。

 

なるほど。家電ですね。

数十年もたない、というのは非常に残念だけれど、

調律の必要な本物ピアノはメンテナンス費用もばかになりませんしね。

仕方ない。

っていうか、アップライトピアノの新品は、税込70万とかしちゃうんですね。

jp.yamaha.com

 

と、買うはずもないアップライトピアノまで見てしまい、血迷ってしまいました。

結局、一番のメリットであるボリュームの調整、という部分は、いいよね、と。

そうだよね、やはり、電子ピアノにするか。

 

改めて、電子ピアノを検討。

 

エントリーモデルは、、、エレクトーンですか、という音と、タッチの違いに却下。

20万台だせば、、ちょっと音はマシになったけど。。。

 

ネームバリューもあって、YAMAHAさんのクラビノーバか、、、と

思っていたのですが、打鍵音が大きめ、という話が聞こえてきて、

もう一度、、、と思っていると、確かに鍵盤を弾いたときに、

「ガクン」というような音が、、、

うーん。

悩みはじめて、展示されていたものを見ていると、、、

店員さんが声をかけてきました。

「クラビノーバでお探しですか?」

いや、そういうわけでもないんですけど。。

「私はCASIOの人間ですけれども(笑)、いかがですか」

あら、ストレートな物言い。

 

CASIO、いいとは聞いていたけれど、なんだか、ちょっとねー。

簡易キーボードのイメージです。(スミマセン)

 

と思っていたはずが。

どんどん、CASIOにひかれていきました。CASIO CELVIANO

 

こちらの鍵盤は、木製鍵盤。

ハンマー部分も、本物のピアノの構造を限りなく「再現」。

music.casio.com

打鍵音も気にならず、ピアノによっては、くぐもったような音だったり、

戻りがふにゃふにゃしているような、、、など、なんとなく感じていた違和感。

あー、やっぱりアコースティックピアノを横において弾き比べなくちゃならないのね。

 

そして、最終的にCASIOさんに決めたのですが、 

結局は自分との「相性」のような気もします。

ここが気になる、という部分について、いいね、と思えば、

よいピアノなのではないでしょうか。

 

ぶっちゃけ、YAMAHAのアヴァングランドという高級電子ピアノのグレードまで気に入りましたが、

それであれば、アップライトを買いたいね、と勝手ですが、思うに至りました。

casio.jp

折しも、消費税10パーセントを目前に控え、

なにやらキャンペーンがあるようなないような、、、

ということで、クレジットカードのポイントで目をつぶるなどして、

9月末購入、10月搬入としました。

白物家電の駆け込み需要に重なり、土日の搬入となると相当先。

仕方ない。半休とるよー。

 

そしてここに至るまで、夫に意見は求めずに来てしまったため、 

購入のための前日から、ずっと電話していたのですが、まったく応答なし。

はぁ???

いいよいいよ、もう決めちゃうよ、とレジに向かう寸前まで電話したものの、

応答ありません。

 

わかりました。

どうせ、ピアノに関する意見など、夫に求めたところで、

金銭的な部分でしか相談できないですしね。

 

ここは、母が責任とるし。

っていうか、私も弾きたい!

趣味にすれば、お金使ってもいいような気がする。(いま、趣味に戻すこと決定した)

 

 

置き場所は、2階です。このピアノはなんと重量80キロ。

電子ピアノの中では重量級です。

とはいえ、上下に分離するため、縦にも持ち運べて階段をあがることが可能というので、

よかったです。

 

1時間ほどかかって、設置してもらいました。

つやつやの塗装といい、、スバラシイ!

f:id:citronbiscuit:20191010125404j:plain

いっしょに、家族になろうね。 

娘と、私を、音楽の世界に導いてください。

電子ピアノを買いました。

6歳年長女子。

ついに、習い事開始です。

 

ということで、電子ピアノを買いました。

ピアノの選定についても、別途記事にしたいと思います。

じゃーん!

 

f:id:citronbiscuit:20191009152204j:plain


 

電子ピアノ用に、防音マットも買いました。

ピアノの奥行き分にわずかに足らないくらいの板の間部分に載せることができました。

畳なので、マットを敷くと、ぐらつくかもしれないと思いましたが、大丈夫でした。

 

防音マットも安いものにするか、迷いましたが、買い換えるときは来ないと思い、防音マットのなかでは、安くはないものにしました。

 こちらです。

 縁取りの白がいやですけれども。

設置場所がフローリングではないので、ベージュよりは、配色的に良いかと思いました。 

大き目サイズもあったのですが、逆に部屋に圧迫感を与えそうなので、

ピアノが乗る部分だけのものにしました。

 

2階だと、 下の部屋への打鍵音があるということなので、一応下の部屋への対策です。

打鍵音のチェックは、大人が2人いないと出来ないですね。

夫が帰国したら、その効果を試してみます。 

 

角部屋なのですが、幸いその角が道路なので、少しゆるい騒音対策かもしれませんが、

同じ部屋の窓が閉め切られていると、外から全くピアノの音は聞こえせんでした。(自動演奏にて試してみました。)

リビングへ続く和室なのですが、リビング側の窓だけでは、音もほとんど聞こえず。

 

ちょっと、ほっとしました。しばらく子供には、ヘッドフォンを使う予定もないのですが、

日中なら、練習は問題がなさそうです。

でも、私が弾くなら必要だなー。

今度は、そちらを探します。