こども2人と3人暮らし

8歳男子と6歳女子を育てながらフルタイム勤務中。2015年春より夫は単身赴任中。大変だけど問題なく暮らしてます。

ストレスに負けているよ。本当は、泣きそうなんだ。

口には出しませんが、私は、いま、かなり、ストレスに負けています。

正直、これからが本番な感じがあるのに、早すぎるよ、という気もしますが、負けてます。

 

子供たちよ、ストレス耐性のない母でごめんね。

 

時間は過ぎてゆく。

私は、粛々と家事をこなし、食事を作り、子供たちをやさしく見守り、ここは安全なんだよ、という空間を作り出したい。

でも、本当に、私は?子供たちは?感染させていない、と言えるのだろうか。

 昨日の朝、自分自身が頭痛がするし、咳もでる、となった事態に、焦っていた。

(ま、熱もないし。どう見ても、「軽いカゼ」だけど。)

ばかばかしい、この体調は、平常時を100、「仕事を休みたい」が30としても90くらい、にいいのだ。

 

 

もしも、家に閉じこもるなら、と、読みたかった本を買い込み、この機会におうちを掃除しようと、いろいろな掃除道具をそろえたけど、気持ちがそれどころじゃない。

なにも、できないのだ。

週末にやれたのは、簡単な食事を用意して、一日を終えること。

部屋の掃除もできなかった。(トイレ掃除のみ、、、)

その証拠に、入学する娘の学校指定の体操服さえ、手に入れていない。

 

 

子供たちは、どこまで不安なのだろう。

間もなく 9歳の男子は?7歳の女子は?

どんなことを感じて、毎日過ごしているのだろう。

 

判っているのかもしれない。

社会が、未曽有の災害へと向かう、恐ろしく不安な「時」に向かっていこうとしていること。

身近な母が、ストレスで、実は泣いてしまいそうなこと。

子供たちの前で、これだけは、絶対にやってはならない。身近な唯一の大人が「不安でおびえる」ということ。

改めて、こうした気持ちを振り払おう。

私は、大丈夫。子供たちは、守れる。私が守るんだ。

 

 

今朝も、友人の友人から「1日から、ロックダウンという事態になるらしい」と、LINEが回ってきました。

3月末の年度末決算を控え、株価が大幅下落するのは避けたいから、それ以前には、宣言を行わず、それを超える今週にも、、、なんてまことしやかにささやかれると、もう、、、そうなのかな?なんて。

そうした情報が、デマなのか、本当の情報なのかさえ、確かめることさえできず、惑わされる人間だったなんてね。

私って、弱い。

 

 

我が国のリーダーに、さらに失望している。どの国のリーダーが、いい、ってこともないけれど。

 

オトモダチの皆様からのお願いで、ずるずると時間を無為に過ごし、数字を操作し、、

もうやだ。

土曜日の安倍総理の会見も、事前にそうした友人たちから、情報が回ってきて、まさか、ここで???なんて思ったのに、何言っちゃっているんだかよくわからない会見で、途中で、子供たちのゲームに戻しました。

 

とにかく、やりかけの仕事を片付け、出勤しない事態に備えなくては。 

子供たちに、明るい未来を渡すんだ。

 

土曜に行われる予定だった保育園の卒園式も中止になってしまったけど、「卒園おめでとう」

あなたの涙を見て、母は、あなたの母になれてよかった、と思ったよ。

f:id:citronbiscuit:20190322122554j:plain

 

タイ 非常事態宣言を受けて、どうする、夫??

「タイでは、26日に非常事態宣言、が発令されるそうです。」

夫から、昨日の夕方に第一報。

 

・・・それで?

 

22日から、バンコクではスーパーや薬局等の営業は許されるものの、その他のお店についての営業が出来なくなった!となっていたのは、知っていましたが。

21日の昼過ぎ、そのニュースを聞いた夫は、ゴルフを終えてお友達と食事中だったとか。

慌てて、スーパーに行くと、買いだめをする人たちで大混雑だったそうです。

水などを大量に買い込み、帰ってきたそうです。

 

レストランでの食事ができなくなって、どうやって生きていくのかなー、と心配しましたが、「まぁ、家におコメはあるし、ふりかけとか、パスタとかあるよ?」と軽く答える夫。

 

しぶとく生きられるようになっています。(;'∀')

21日夜には、最後の晩餐、と称し、大戸屋でかつ丼を食べる夫の食事の写真が届きました。

緊張感ないわー。

 

もはや、商店のクローズなど、欧州を含む他の都市での様子を考えるとそんなものかな、と。

 

昨日、非常事態宣言が出ることになった!と言われても、???

日本では、出たことないしー。

よくわかんない。

 

会社からは、駐在員に対して、帰国命令が出るかも、となりました。

まぁ、タイには多くの日本人が行っていますからね。

駐在の家族にとって、通常の生活できないとなったら、一大事!

 

とはいえ、、、日本は、それを受け入れられるのかしら。

現時点では、タイから日本への入国の制限はないように思います。

が、タイの空港から、飛行機で成田に到着するであろう夫が、無事に帰ってくることはできるのかしら。

 

もし、その時点で感染するかもしれない夫を、もし自宅に入れたら、子供たちが濃厚接触者扱いされちゃう?

うーん。

 

東京での感染者の増加をみても、、東京は現段階ではそこまで切迫した感じはないですけれども。

都市封鎖の可能性も騒がれるようになった今、見通しがまるでつかないです。

 

現時点では、単身でバンコクに滞在しているわけだし、最後まで残るかな、、、と言っている夫ですが、地球を自由に行き来できたことが、こんなにも遠い過去に思えるなんて、まだ頭が受け入れられません。

どうして、こんなことになってしまったのでしょうか。

 

考えすぎ得て、急に叫びだしたくなるような、この不安な気持ち。

こどもたちには見せずに、頑張らねば。

こういうとき、孤独だなぁ、って思います。

 

今年のお正月に、その暑さにへばりながら、マーライオンのもとに行った思い出。

・・・シンガポールが遠い。

f:id:citronbiscuit:20200325152516j:plain

 

ぼく、ひまだったから。

息子は、この休校により、一人で半日ほどの留守番をするようになりました。

やらせたくはなかったけれど、どうしてもやることになったときが生じてしまうのが、一人親状態の我が家。

 

念のために、と、ネットワークカメラを導入しました。

まぁ、いつかはあってもいいかな、と思っていたのですが、急遽導入することにしました。

お値段は、4000円ほど。 

 

スマホで、レンズも動かせるし、ネットワークカメラから、話しかけることもできます。(ちょっと、タイムラグが生じますけど)

 

我が家のネットワークセキュリティに若干の不安(ネットワークを覗かれる心配)もあるので、家にいるときは、電源を抜くことも考えましたが、やっぱり、いざというときにアダプターを入れ忘れては意味がないし。

 

ここは、目をつぶって。。。

スマホに、アプリを入れて、ネットワークに参加させるだけで、OK。

夜に、リビングのカメラをみても、十分、動きが分かるほどです。

胴体検知機能もありますが、ペット監視や、玄関先に設置してもよいかもね、と思える程度に取り扱いしやすく、、、

SDカードを入れて、動画の保存もできるので、過去の振り返りもできます。

 

小2の息子には、部屋にカメラがあることは、話してあります。

ま、プライベートがのぞき見されている、とまでは思っていないようです。

自宅で留守番をしている様子が見られるのは、不安解消以外の何物でもないですね。

わざわざ、ママが作ったお弁当を食べている?って、聞かなくていいし。

目下、グダグダテレビを見ているシーンばかりが、見ることが出来ています。

 

・・・と思ったら、

出かける際に「行ってきます」の鍵かけ確認の電話を掛けた息子がいうのには。

「僕、暇だったから、お風呂掃除しておいたよ。あと、みんなの洗濯物をたたんでおいたよ。」

・・・母が、夜のうちに乾燥機にかけた洗濯物をたたんでしまってくれたそう。

 

(´;ω;`)なにそれ。

ママを泣かせる気?

さきほど、SDカードの録画映像を再生させてみました。

すると、本当に、洗濯物をたたんでいる息子の様子が映ってる! 

 

「〇〇しておいて」と言わずにいたときに、やってもらえる幸せ感。

やばい、惚れちゃいそうっ。

いい子に育ったわー。

私、しっかり育てたなー。(自分で褒めておく)

 

こういうときは、相手を褒めて褒めて褒めまくっておこう、と、電話で母のあふれんばかりの感謝の気持ちを伝えていたら、その会話を同僚に聞かれてました。

はずかしー(笑)。

 

しゃあない、スイッチ(←やっぱり買ってしまった)、今夜は特別にやらせてあげようかな。

 

 

f:id:citronbiscuit:20200324132048j:plain

 

卒園式 ママしか見られないなんて、さびしいねぇ。

3月の平日も、あと2週間。10日間です。

おおー。カウントダウンだね。

息子と合わせて、8年間の保育園生活。

ついに、終わってしまうのね。

 

ママは寂しいです。

最近は保育園へお迎えに行くと、嬉しそうにしつつも、お友達との遊びが終わるのが残念で、「あー、もうちょっと遅くてもよかったなー。」なんて、言っているけれど。

通勤電車から降りて「今日はどんな顔して遊んでいるかしら」と、気づかれないように窓から保育園を覗き込むようにしてお迎えに行き、自転車に乗せて帰る道すがら、あなたと二人きり、未知の世界を駆け巡るような気持ちになっていたのに。

 

そして、保育園は、毎年3月最終土曜日に卒園式をやってくれるのですが、予定していた保護者発案の謝恩会は中止。まぁ、小さなお店を貸切っての立食予定だったから、仕方ないかな。

みんながあつまる最後の機会だと思われるので、本当に残念。

小学校になってから、また機会を見つけて、っていうけど、絶対不参加になっちゃう人いるよねー。(もちろん、病欠含め)

 

卒園式も、まだまだ本当にやるかどうか、危うい様子ですけどね。園内から感染者が出れば、一発アウト、ですよね。早くやってしまってほしい、という気持ちもある。

卒園式参加者の少なさもあり、いつものような感動が得られるとは思えず。

卒園する子供たち以外、送り出してくれる子たちは、そこに、いない。一緒に遊んで過ごしてきたのにね。

うちの夫も、このウィルスにより、日本に遊びに来ることを断念しました。本当は、卒園式・入学式と1週間に2度もフライトする予定でしたけれど。

卒園児童は、感謝と決意のお手紙を読むはずなのですが、きっと、パパのことも登場するはず。娘にとっては「直接聞かせてあげられなくて残念だったね、、」としか、言えません。

出席する人は、常にマスクをつけること、に加え、子供は来てはいけない、というのも付け加わり、小学生の兄の参加をやめるように、言われました。

父も不在の彼女に、せめて兄だけでも見てあげられたら、という希望も、打ち砕かれました。

 

そこにいる、誰が悪いわけでもない、人類が立ち向かうべき災害が、彼女たちの楽しみを奪ってしまったわけだけど。母にとっても、大事なものを拾い損ねた気持ち。

 

 

しっかりした彼女の様子、みんなに見せてあげたかった。

息子にも見せて、2年前の自分を思い出させ、彼自身の成長も感じさせてあげたかった。

悔しいね。

 

 ビデオカメラ持っていたら、みんなに拍手もしてあげられないので、急いでカメラ用の三脚を買おうと思います。

ママだけは、あなたの素敵な姿をこの目に焼き付けるんだ。

兄のような式の間じゅうの号泣はしないでね。

 

  

f:id:citronbiscuit:20190329135425j:plain

 

あつまれどうぶつの森 同梱版 当選通知来る。

我が家は、まだSWITCHを導入していなかったわけなのですが。。。

 

狂喜乱舞した子供たちが、やり込むこと絶対予想できるもんね。

いえ、時間を制限すればいいのは、わかるのですが、息子に至っては、毎日「やりたいやりたい」を繰り返すに違いない。

(ipadで既に経験済み)

ということで、サンタさんには、ゲーム機を我が家には持ってこない契約にしてもらっているわけなのですが。

www.citronbiscuit.com

 しかし、コロナ休校により、ストレスたまっている息子。

雨降りの週末、どうしたらいいんだ、問題が勃発。

家事をしている最中、「UNOしようよ~。」と騒がれ、いやいや、週末には立て込んでいるわけで。

いちおう、兄妹がいるだけ、2人プレイもできるよね。いいかも。

いや、2人いるからこそ、喧嘩が起きるのか。

 

うーん、と悩んでいるうちに、調べてみれば、コロナによる生産数の減少により、Switch本体は全くと言っていいほど、通常のお店に売っていないわけで。(転売屋さんからは、買いたくない)

 

と思っていたら、どうぶつの森の発売に合わせた同梱版が、発売されると知り。

www.nintendo.co.jp

ぜんぜん、どうぶつの森に興味ないんだけれども(というか、ゆったりこういうプレイをするゲームにはまれるほどの時間も、気持ちの余裕もないので、やってこなかった部類)、デザインかわいいし。いっちょ、申し込んでみるか、となりました。

が、年始の福袋全敗コースをたどった身tとしては、外れる気しかなかったし、現実に、落選通知が届き始めていました。

 

しかーし、なんと、ヤマダ電機から、当選結果が来た。

 

平素はヤマダ電機グループをご利用いただき、誠にありがとうございます。
また、このたびは『Nintendo Switchあつまれ どうぶつの森セット抽選販売』にお申込みいただき、誠にありがとうございました。

厳正なる抽選の結果、あなた様が見事当選されました。
おめでとうございます!

下記ご注意事項をお確かめのうえ、販売期間中にご来店・ご購入いただきますようお願いいたします。
 

 まじか。

しかも、ネット販売系はすべて外れていた一方、店舗での受け取りのもの。

行きたくなーい(笑)

ネット販売で当たってしまえば、本人たちには内緒で、受け取るだけ受け取って、出さない、という最終手段もできたのに。

 

むむむ。

でも、当選したのは、ラッキーなことなので、買っておくかな。

 

と思っていたら、、、

受け取りには、応募時に登録した電話番号が必要とな。(+本人確認書類)

え、、、

どれだろう???

電話番号をどれで登録したか、忘れちゃった。

あまり、個人情報を出すのも、と携帯電話の番号にはしなかったような、したような。

 

本人確認だけでは買えないとしたら、「一緒に買いに行こう」モードで買いに行って、だめとか、って子供たち的にはありえないよねー。いや、まぁ、そうは言っても、まったくいい加減な電話番号を入力するはずもないから、きっと、、大丈夫。(自分に自信がない)

ヤマダ電機の特設サイトだったため、確かめる術なし。

 

 

だいたい、いまなぜ、4万円を払い、さらに、ゲームソフトを買うのさ。

サンタもいない、誕生日でもない、今、このタイミングで甘やかす理由ないよね。(私も含めて)

 

子供たちの誕生日プレゼントを2人合算させるコースか、サンタが持ってくるのを待つコースか、という二択で計算をしていたのに、なぜ、ここで数万円も必要だというの、、、

ゲームソフトもすぐにいくつかほしくなるよね。

 

むむむー。

 

当選したらしたで、悩みが尽きない今朝です。

買うとなれば、夫に相談したほうがいいでしょうが、いろんな前提状況を伝えなきゃ、実際の判断にはあれなんですが、メールじゃ面倒だけど、子供たちが聞いているところで、電話で話せないしなー。(深夜は、私が子供たちと、一緒に寝てるから無理。)

f:id:citronbiscuit:20200317092256j:plain

 

ぼく、安心したよ!

新型コロナウィルスのせいで、休校となり、2週間が終わりました。

春休みまでの、折り返し地点には行ったよね!

 

・・・春休みも、長いけどね。

 

春休みであれば、学童は8時過ぎから入室できるのですが、今回の休校の場合は、9時半過ぎからの入室。

うーん。

学童に行かせる日は、ちょっと、出勤時間より遅れちゃうんだよなー、ということで、一応、恐縮しながら1時間ちょっと遅刻して出勤しております。

恐縮するのにも慣れてしまい、お弁当作りのために早起きすることもなくなるっていう、、、

 

しかーし。

息子には、こんな日常じゃ、刺激が少なすぎるんですよー。

そりゃ、1か月も前倒しの春休みじゃね。

学童でみんなで何かやるようなイベントも全部中止。頼みの綱は、学童を手伝ってくれる支援員さんがサッカーしてくれること、らしいし。

今後の春休みイベントもなくなってしまう気がするし。週末どこへも出かけられないし。

 

そして、ふと思いつきました。

それは、、子連れ出勤。

休校になった当初は、都心へ向かう通勤電車に子供を乗車させる?? 

リスク高すぎじゃない?と思っていましたが、毎日リスク高めの通勤電車に母は乗っているし、、、もう、いいよ。

息子の「ヒマヒマ」攻撃(=口撃)につかれた、というのもあり、子連れ出勤断行、です。

 

職場のボスに理解があることもあり、いっちょ、行ってみるか~、ということで、前日に一応打診してみました。

「あのー、小学生の息子を連れてきてもよろしいでしょうか。」

ボス「いいよ」

はやっ。

 

「社会科見学的な感じで、母が働いている様子を見せてみようかと。。。」

ボス「いいよ。」

 

ということで、一応時差出勤で座れる時間帯を選び、マスクをさせ、、、いざ、出陣。

そこで思ったこと。

 

息子が、私と離れた席に座っているというのに、足をぶらぶらさせることもなく、リュックを前に抱え、ぼーっと、しているだけ、ということ。

暇だから、なにか無い?と尋ねることもなく、口さみしいから、とおやつをねだることもなく。

ひとり、母から離れて座っている!!!

 

ママ、これだけで泣いちゃいそう(笑)。

成長したなー。

そもそも、息子と夏休みの旅行に連れ出そうものなら、手になにかおもちゃを握らせ、お菓子を見せ、黙っていることが出来たら、「〇〇ができるからね!」というニンジンをぶら下げることに神経を使っていたのに。

気が付いたら、なにもなく、人に迷惑かけないよう、ぴっちりその座り位置を調整しながら座席に一人座って移動できるなんて、あの当時の私に教えてあげたい。

いや、小2ですから、当然か。

いや、でも、我が家の、小2はね、、、いろいろあれだったんで。 

www.citronbiscuit.com

 

そんな感慨に浸りつつ、片道30分ちょっとの電車移動を終え、一緒に職場へ。

 

さぁて、ちゃんと挨拶できるかな。

 

「僕の名前は、〇〇です。いつも、お母さんがお世話になっています。今日は、一日よろしくお願いします。」

はい!よく、言えました!

ちょっと、もじもじとして、小さな声になっちゃったけどね。少し恥ずかしかったのに、頑張った。

 

これを、ボスを始めとする、10人以上に繰り返しただろうか。

 

時折、息子なりのアドリブが入り、「どうぞ、お見知りおきを。」とか、言い出すものだから笑っちゃったけど。

職場を一通り、見て回り、その後は、母のデスクの横で、大人しく勉強、、、とはいかず、本を読んだり、漫画を見たり。

 

いま、こんな雑誌も出ているですよね。

dora-world.com

 ちょうどよい、お供となりました。

 

お昼休みには、ママおすすめのラーメン屋さんへ行き、おすすめのアイスクリームさんで、イチゴのアイスを食べ、満足して午後を迎え、ipadなどでも、勉強?しつつ、遊んですごしました。

 

息子もお気に入りのシンクシンクですが、いま、休校中の子供たちに向け、3月の間は有料プログラムも、無償提供中です。

think2app.hanamarulab.com

 

 5時までの勤務を終え、ボスに挨拶をして帰ろうとすると、「またおいで」と言われた息子。「また、来まーす」と答えてました。

 

調子に乗ったな。

 

でも、帰りの電車で、乗ってすぐに爆睡していました。

え???息子なりに、ちょっと、緊張していたのかな?

 

息子に、母の職場を訪れた感想を尋ねると、、、

「ぼく、ママの職場に行ってよかったよ!」

なにが?

「みんな優しくて、親切な人ばかりでさ、そんな人たちとママは一緒に働いているんだ、ってわかって、安心したよ!」

 

上から目線なのね。

でも、ママのお仕事でねー、と話したときに、「あの机で、あんな景色が見えるところ」、ってわかって、働く母の図が想像できるのって、違うよね。

 

母が、何度か、同僚から相談を持ち掛けられ、指示をしていると、

「なんか、ママが仕切ってるみたいだよ。」と横から口を挟んで言ってましたけれども。

そ、そういう場面もあるかな?(笑)

 

 

f:id:citronbiscuit:20180124141540j:plain

 

休校延長に思うこと。奪われる2020年3月。

世田谷区では、当初3月2日から14日までを休校としつつ、16日からの予定については、追って決めます、と含みを持たせていました。

東京都内で、そうした方針は少数でしたが、これは非常に誇らしい判断だったと思います。

もっと望むなら、休校開始を週明けの2日ではなく、せめて1日の猶予を欲しかったけれど。

担任の先生は、製作途中の作品を「仕上げることができませんでした」と持ち帰らせました。自分達のこれまでを振り返る「思い出のアルバム」づくりだったのに。

 

昨日、世田谷区よりさらに25日までの休校延長が言い渡され、事実上 春休み突入が決まりました。

 

奪われる1か月。

 

休校措置は、学校での爆発的感染を抑えているといえるのでしょうか。

代わりの学童では、必死に距離を保ち、衛生環境を整えるべく、必死にスタッフが頑張っています。

スタッフの手が足りない学童では、勉強もさほどさせずにいるので、学童は遊びの場でしかないのです。テーブルにおとなしく座っていたらOK、みたいな感じなのです。

 

学校よりも狭い空間しか使えないため、体育館や、校庭で走り回っているようで、ある意味健康的な遊びを義務付けられていますがね。

お弁当は、お友達同士ではかなり距離を保ち、食べるようですが、そもそも部屋が限られているため、20分で昼食時間は終わりの様子。早食い選手権と化している模様。

ま、おしゃべりしてたら、感染するからね、ってことみたいですけどね。あほらしい。

 

小学校で爆発的にはやるくらいなら、すでに保育園でも爆発的に増えているはずだよね。

あ、でも、検査しないからわからなくて、いいのか。

これって、ごまかしだよね。

 

息子は、学校に行きたがっています。

理由は「友達と会いたい」から。

「いつもみたいに、隣のクラスの〇〇くんと、廊下で会って、おしゃべりしたいんだよ」

 

そうだよね、彼にとっての日常が、根こそぎ奪われました。

学校って、授業だけじゃないんです。

友人関係を、社会のルールを、傷つきながら学ぶ場、ですよね。

教育を受ける機会を、社会生活の機会を。そうした学びの時間をすべて、奪い取って、残るものは何だというのか。

そして、子供=持て余してしまった扱いをする大人たち。

 

 

検査数を抑えて、発症者数を少なく見せて、国民をだまそうとしているしか思えない。

それより、濃厚接触が疑われるグループすべてを検査して、無症状の発症者を把握して、本人にも行動を慎ませてほしいし、検査拒否者には罰金でも課して、周りを巻き込んだ感染者の爆発を防いでほしい。

 

未知のウィルスは怖いけれど、もう、ここまで全世界で広がっているのだし、イタリアで人工呼吸器が足らなくて困っているという医療崩壊を起こすことがないよう、重篤な結果を生んでしまいかねない方を守るためのルールを作ってほしい。

それは、まわりまわって、自分を、家族を守ることになるはず。

医療崩壊を起こした病院に、交通事故で運ばれたら?疲弊した医療スタッフに、療養を依頼するのです。絶対、ヤダ。

 

お茶のみ友達と一緒にドラッグストアに開店前から並ぶ老人たちにマスクを販売するよりも、医療機関や、ケアサービスなどに携わる人たちに、マスクを、アルコール消毒用品を行き渡らせてほしい。

なんなら、私の花粉症用マスクをあげたい。 

 

日本という国は、日本人は、日本の官僚は、もっと賢いと思っていたのに。

大人は普段通りみたいな生活しておいて、子供たち「だけ」から学びの機会を、社会生活を営む権利を奪わないでほしい。

 

後年、アホなトップがいた時代があったよね、と 言いたいけど、2020年3月という空白の期間は戻ってこない。

息子には、色のある時間をすごさせたかった。

f:id:citronbiscuit:20180312123438j:plain