こども2人と3人暮らし

9歳男子と7歳女子を育てながらフルタイム勤務中。2015年春より夫は単身赴任中。大変だけど問題なく暮らしてます。

小学生男子にはスポーツさせたい

小学校低学年のうちは、体を動かしておけばいいんじゃない?という母の考えにより、息子にはスポーツをやっていてほしいです。

部活で役立つかもしれないし、趣味にもなるかもしれないし。

 

ま、当初サッカーやりたい、と言いましたので、入れました。

 

www.citronbiscuit.com

 でもって、サッカー上手な男子をみるにつけ、現実を知ったのでしょうね。

小2で終了。

ま、走り回っただけでも、よかった。 

www.citronbiscuit.com

スラックライン

現在は、体操教室でスラックラインをやっています。

slackline.jp

ご存じでしょうか。スラックライン、というスポーツ。

ベルトの上で歩いたり、ポーズを決めたり、ジャンプしたりします。

長いベルトなので、とても揺れるので、体幹が鍛えられるスポーツです。

作業療法士の方にも、息子は「体幹を鍛えようね」と言われており、知り合いが教えてくれているのを思い出しました。

体幹弱めの息子は、苦戦しつつも、大分できるようになってきました。

ほかにもこの習い事では側転やら、マット運動をやるので、なにかと良いです。

息子の体はすっごく硬いですけどね。

 

テニスは、始めて4か月となりました

そして、テニス。

まぁ、錦織選手、かっこいいよね。

でも、ほら、これは、なんとなくやっておけば、「テニスをやったことがある」というタイトルだけはもらうことができ、といって、みんなに見せる場面はないので、下手でもばれない。

瞬発力とか、リズムある動きが出来るようになるし、

なにより、力を加減してラケットを打つ、というのが息子には大事なんですよ。

 

というのも、例の息子のあれ、です。 

www.citronbiscuit.com

 動いているものを目で追う能力、が欠けているというのがありまして。

ほら、動いているものを追いかけ、足を動かし、手を使う、という実にバランスのよいスポーツです。

うんうん。

作業療法士の方には、武術とかもいいねぇ、と言われましたが、夫は、武術反対派閥。

反対、って、、、と思いますが、「戦うのはしてほしくない」そうです。

めんどくさ。

武術は身を守るんだぞ。

とはいえ、息子も全くと言っていいほど、興味を示さないので、やっていません。

 

コロナのせいで、通い始めがもたつきましたが、先日のレッスン終了後、数人の子供が集められ、次のクラスに進めるけどどうしますか、と言われたそうです。

でも、上のクラスに上がるにあたり、「かなり厳しいよ。進級する覚悟はありますか」と問われ、珍しく息子は弱気。

「どうしよう。上のクラスはコーチが厳しいんだって」と不安そう。

まぁ、まったく上がれないレベルの腕前なら、無理にクラスを上げることはしないだろうし、少しくらい負荷をかけなきゃ、上達しませんよ。

母は、「心構えとして、必要ってことじゃない?しっかりコーチの話を聞いて、やったら大丈夫だよ。」と励ましたものの、「来週まで考えよう」と決めたそうです。

母も、コロナによる見学制限のため息子のレッスン風景を見ていないので、何とも言えず。

 

まぁ、ゆっくり自分と対話するのもいいよね。

しっかりやる自信をもって、進むのがいいさ。

といっても、本物のテニスラケットには、まだ遠いけれどね。

  

f:id:citronbiscuit:20200527140335j:plain

 

腎臓検診 来る。

小学校は、コロナのため、もろもろ健康診断が後回しになってしまったわけですが。

 

腎臓検診が、2学期に検査、となりました。

 

はい、そうです、あれですよ。

あれを、朝、コップ?に受けて、チューッとするやつです。

お食事中の皆様、以下、読まなくていいです。

 

こんな話題なので、時間ずらして投稿するように、設定しましたけど、お読みくださる時間によっては、あれですよね。すみません。

 

で、話を戻します。

 

もちろん、息子は入学以来、ずっとですけど、娘も小1となりましたので、デビューですね。

朝、2人分、これ、やるのかー。

いえ、別に自分の子供なので、それ以上、なんてこともありません。

少しも、いやじゃありません。

 

では、まず、実施要項をみせてください。

ふむふむ。

寝る前は、膀胱を空にして、朝いちのものを取るべし、と。

最初のものは入れず、最後も入れず、ちゅうかんにすべし。

 

「中間」のもの。

えっ?このあたりを小学生にさせろ?と。

無理だよねー。ま、いちおう、伝えておこう。

それから、検査当日にもって行けなければ、二次検査のときに検査するので、忘れたら、それきり、と。

・・・ほい。

 

では、明日はいつもより早めに起きて、、、と。

紙コップを用意しよう。

我が家は、もらったカップは使用せず、家にある紙コップを使います。

理由は、子供は紙コップのほうが持ちやすいから、です。

 

あんな、折り畳み式の受けだと、失敗する確率が上がりますからね。

限りなく、失敗の可能性を減らします。 

といっても、息子は小1の時から、セルフで採取をお願いしています。

そのあとは、私がやりますけどね。

今年から始まった小1女子も、「これで、とってください」とお願いしました。

 

女子は、初めてすぎて、「え、、、汚いんじゃない?」と言いました。

 

では、説明します。

「〇〇ちゃんが、お水を飲むじゃない?飲んだら、体にお水が入って、〇〇ちゃんは元気になるよね?」

「で、〇〇ちゃんの体に入ったあとの、残ったいらないものが、でてきます。」

「それをちゃんと、いらないものだけにできているかどうか、見えないので、でてきたものを調べてもらうんだよ。汚いことあったっけ?」

ないよねー。

 

「コップにとったものは、ママがとるので、取れたらママに渡して」とつぶやけば、初めての娘も、ばっちり、どこも汚すことなく、持ってくることが出来ました。

なんてことない、ミッションです。

f:id:citronbiscuit:20200917132633j:plain



小3男子のお友達ママに聞いたら、横でヘルプをするよ、という話しをききました。

我が家は、3歳児健診の時のアシスト以来、アシストなしです。

個人差はあるのでしょうが、もうさ、ほら、そこは、、、という突き放すことでも大きくなるよね、という方針なので。

 

が、残念なのは、これが夫の帰国前だったこと。

 

大したことじゃないけど、それは、当然こなすべきイベントとして、親ならやるべきじゃないかと。

今はなくなりましたが、ちょっと前、通っていた保育園では「ぎょうちゅう検査」あったのですよ。

いや、自分のこどもなんで、まったく、いいんですけど。

ママだけやるんじゃないだろ、と。

 

検査があるといえば、注意事項を確認し、本人と話し、朝の準備をし、容器に詰め、ランドセルに入るのを見届けるまでが、ほら、あれじゃないですか。これくらい、こなしてください。

・・・「夫も、やるべし」。

 

育児というのは、いろいろあるのですよ。

 

こういう些細な積み重ね、なんですよ。育児というのは。

いいところ取りはさせない。 

 

小1の半沢直樹。

小1女子。

元気な兄の妹として生活してきたため、また、兄を持て余した母が兄を中心にママ友となったため、休日も2歳差男子に混じって遊ぶことが多かったため、走り回って遊ぶことのほうが好きなタイプに育ちました。

www.citronbiscuit.com

母としては、育ってほしい方向性なので、いちおう賛成。

もっとも、男子とつるむ一方、「だんしって、ばかだよねー」といっちょ前の小学生女子みたいな口を利くようになりましたけどね。 

大きくなれば、女子で固まって、中にこもることが多いはずですから、いまは飛び跳ねるがよろし。

 

 

そんな娘が大興奮のイベントがありました!

 いつもは、むにゃむにゃだらだらしている娘が、その日は、一人6時に自ら起きて、母のもとにやってきました!

母は眠いぞ。

イベントが楽しみで、早起きしちゃうなんて、かわいい!

 

担任によれば、とくに今年の小1の学校生活は、「来るのが楽しいとか、学校ならではの発見があって、面白くなること!」を目指しているようで、娘もそれを十分満喫しているのですが、先日は「夏を楽しもう」という四季を体感する授業がありました。

おそらく、先生は暑い時期にやってあげたかったのでしょうが、 7月はコロナ感染対策&雨ばかりで出来ず、ようやくできそう、と思ったら、気温がどんどん低下し、更に雨模様で焦ったようです。

予定していた日に、雨マークが見えるようになった数日前から、「予定を前倒しするかも!!!」となりました。

開催の条件は気温30度以上、雨じゃないこと。

先週、この企画が実施されました!

 

持ち物は、水鉄砲を持ってくることも可。またはそれに類するもの(ケチャップの容器とか)。あとは、砂遊び用にバケツとか。

いまは、こうした空容器も、マヨネーズは、卵アレルギーのお子さんがいる関係で、ダメらしいです。確かにね。

時代で変わるんですね。母は、マヨ容器を使った記憶。

f:id:citronbiscuit:20200915092851j:plain

 

実施される前に、希望を取ってグループ分けがされていました。

 1 びしょびしょになって楽しみたいグループ

 2 濡れてもいいけど、びしょびしょは勘弁してほしい

 3 濡れたくないけど、ちょっと味わいたい

 4 水を使って、砂遊びをしたいグループ

 

なるほどね。こういう気づかいも必要なんですね。先生、大変。

 

うちの女子は、迷わず 1 を選びました。そうでしょうとも。

 

ビーチサンダルに着替えと、タオルを入れて、、、と。

娘「大きいタオルにして!」

確かに。プール用のバスタオルを持たせました。。。

 

雷雨になららないかとひやひやしましたが、無事に開催されたようです。

 

帰宅した娘に「どうだった~?」と尋ねると、

娘「〇〇くんに、すっごい水(鉄砲)かけられた!」

 

・・・でも、ほら、びしょびしょで遊びたいわけだから、いいんじゃないの?

 

娘「うん。だから、〇〇ちゃん(わたし)も、いっぱい、水かけたよ!

やられたら、やりかえす。ばいがえしだっ!

 

そう、今年の小1水鉄砲遊びは、この決めセリフで水鉄砲を撃つ、、

そりゃあもう、大盛り上がりだったそうで、、、

f:id:citronbiscuit:20200915092857j:plain

小1の半沢直樹が校庭中に出現。かつ、水鉄砲バージョン。・・・ウケる。

 

f:id:citronbiscuit:20191028131019j:plain

楽しい夏の思い出ができました!パチパチ。 

まいにち、ほんとうにたのしい

娘、小1。

 

4月の入学式もなく、5月も通うことがなく、6月になってポツリポツリと通いはじめ、6月後半から登校開始。

7月1か月をフルタイム(月~金5時間)をこなし、夏休み1か月を終えた9月。

楽しく通えるのかしら、と心配していたのですが。

 

「まいにち、すっごいたのしい。ほんとうにたのしいんだよ。」と。

そっかそっか、よかった!

先生も楽しくて、学校生活がまだキラキラしているみたいです。

楽しい学校生活を始めさせてくださり、学校には、感謝しかありません。

 

 

晴れた日の休み時間は、鬼ごっこしているよ~と。

そっかそっか。

お名前教えてくれる?

「〇〇くんと、〇〇くん、・・・」と、男子の名前ばかり、7,8人。

え??

そういえば、個人面談で「男の子とも楽しく遊んでますよ。」と言っていたなぁ。

晴れないと、校庭とか行けないからつまんない!と言っていたっけ。

 

いいけどさ。

いちおう、仲良しだよ、と女子の名前も聞いたことがあるので「あれ?鬼ごっこする女の子はいないの?」

「いないよ、〇〇ちゃん(=自分)だけ。」

 

えーと、女の子は何をしているの?

「おりがみとか?お部屋で遊んでる。だから、遊ばないの。」

 

うーん。。。

兄のいる女子で育ったし、保育園のときから、走り回って遊ぶのが大好きと聞いてたからなー。

 

女子って、仲間意識が強いから、「一緒に遊ばない子とは、ここで遊ばない」とか、ならないかなー。

まだ、1年生だし、そんなことはしないか。

娘も1年生で、広い校庭が楽しくてならないだけ、で、そのうち、おしゃべりに夢中、みたいになるかもしれないよね。

 

男子と仲良くできる女子のほうが、いいですよね。

きっと、、、たぶん。

 

しっかり自分の主張もできる娘もまぶしいです。

息子の落ち着きのなさのような心配もなく、個人面談では、周りをしっかり見ていて、まじめにも楽しそうにもしているし、お友達にも優しい。スバラシイですよ、と褒めていただきました。

こんな、面談、受けたかったんだよねー。2年前の自分に、教えてあげたい。

 

とはいえ、本人が、自分のやりたいことを、やりたいようにいられる、それが大事ですよね。

しっかり、みまもってあげなくては。

子育て、って本当に、自分が学ぶことができる時期なのですね。私も、学ばねば。

f:id:citronbiscuit:20180125172936j:plain

 

「女の人って、たいへん?」息子に聞かれた。

唐突に、「女の人って、たいへん?」と、息子に聞かれました。

 

えっ!!!

えー、、えーと。

 

た、たいへん。

た、たぶん。

 

いや、ぜったいたいへん。

(落ち着け、わたし)

 

うーん、大変だね~。

でも、女の人だから、ってことじゃないかも。

 

「でもさ、赤ちゃん産んだりするわけじゃん。」

 

あー、それね。

そうだった!

(つわり、きつかったもんなー。)

 

すっごい、たいへん。

だから、君は、女の人にやさしくすべきだ。

 

ちがうな、男だから、女だから、じゃなくて。

 

まてよ、先日、小3男子と小1女子に、かるく「生理」を教えたんだった。

だからか。

えーと。

体力が一般的に、男性のほうがあります。

生理がありありません。なので、女性に優しく!です。

 

たいへんだから。

 

でも、助け合って生きれば、男と女、もしくは、その他の方も含めて、楽しいんだと思う。

 

息子「ぼくねー、しょうらい結婚して、結婚した人が疲れたなーとか言っていたら、僕が料理したりほかの家事もやるんだ!」

 

・・・えっとぉ。いまからでもいいよぉ。

 

f:id:citronbiscuit:20200812123422j:plain

 

小3 オンライン英語に挑む その8 ~気持ちがあふれ出している息子 

小3男子。すっかりオンライン英語に夢中です。

英語のレッスンを始めてから約3か月。レッスン回数は40回を超えました。

息子いわく「毎日でもいいけど」、でも、「宿題やテレビも見たいから」週3?4日かな、とのこと。

参考にします。

いずれ「もう、無理」となるのですから、ちょっとでも積極的な時期なら、いくらでもやってくれ、という感じです。

 

始めた当初、先生の発音についていくように指示があって、「どうしてそうなる?」という発音を繰り返していましたが、すこ~~しずつ、聞き取りができるようになった模様。

小学校3年ともなると、すっかり日本語脳になって、耳から入ってくる単語をすべて、自分流に日本語にしちゃっていたためかと思います。すでに日本語耳の弊害ですね。

 

少しまえに、どうにか、Phonics1 を終え、Phonics2とレッツゴー2をそこそこに、頑張っています。 

Let's Go Phonics 2

Let's Go Phonics 2

 

 

Let's Go: Level 2: Student Book

Let's Go: Level 2: Student Book

  • 発売日: 2018/05/17
  • メディア: ペーパーバック
 

 

 

なによりの、息子の武器となっている「話したい」という気持ちが、言語などを無視して、一生懸命に話をしようとしている様子を見ると、息子がもつ最高の能力である「ハードルのないコミュニケーション」能力をもっと発揮できるようにしてあげたい、と思うのです。

 

うまく言えずに恥ずかしいなどという気持ちはこれっぽっちも持つことなく、「どうやって伝えよう?」と考える息子の積極性に、我が子ながら、うらやましさしかなく、どうかこの気持ちを持ち続けて生きて行ってほしい、と願います。

 

リップルキッズパークでは、毎日予約のタイミングがあるわけで、先生を固定しない分いろんな先生をこちらのスケジュールを元に選ぶ良さがあるわけですが、同じ内容を、予約した先生すべてがしてくれるわけではありません。なにより、毎回予約って、面倒ですしね。

お気に入りの先生が必ず予約できるわけではないですし。

 

ただ、現状の息子は、特にお気に入りとなってしまった先生がいるため、彼が楽しいならば、それもありかな、と時に週4日で彼女とトークしています。

ほんと、1週間で100分話していたら、それは、もう、、、(笑)

 

リップルキッズパークのオフィスはセブ島ですし、この先、実際に会うことはかなわないというのに、この世界中にいる何十億という人間のなかで、ほんの小さなきっかけから彼女のレッスンを受けることになった奇跡。スバラシイ時代ですね!

 

昨日のレッスンでは、フォニックスをせず、日常の「物」を説明するミッションが課せられた様子。

ちょうど目についた「ランドセル」を題材に、持ち物についての会話をしていました。

まだまだ単語能力が少なすぎて、教科書が無料であるのかの、「free」でさえ、わからずに苦戦する息子。

うーん、手助けするつもりはないんだけど、、、、

 

自分の知らない世界を教えてくれている先生は、学校生活以上に刺激が多く、親としてはもう、それだけでありがとう、という感じです。

 

でも、、復習をなにげなく入れるのが、大変です。

復習なしだと、さすがに意味ないですもんね。母に自由時間を!

 

あ、タイで英語生活をしていた夫に任せればいいのかしら。(棒読み)

f:id:citronbiscuit:20200703121725j:plain

 

おさがりではなく、個別に鍵盤ハーモニカを購入するべきか

鍵盤ハーモニカ購入のお知らせ

2学期に入る前に、「鍵盤ハーモニカ」を準備するように、学校から指示がありました。

学校での販売もあるけれど、自分で購入でもいいし、既にあるものも利用ができます、とのこと。

 

「3年生以上の兄姉がいるならば、それを使えます。」

という連絡がありました。

3年生以上との同時使用はない、ということですね。

そういえば、兄は縦笛を買わされたっけ。

 

コロナの影響で、こうした楽器類はどうするのかなぁ、と思っていましたが、一応そろそろやる様子。

そうか・・。

 

お値段、5000円超え。

色は、ブルー、ピンク、から選べます。(本体とカバーのファスナー部分の色)

 

 

そこなんですよ。

もちろん、2年前に購入した(Amazonで)兄は、ブルーを選びました。 

 

本人は、ピンクを選びたい様子。

でしょうね。

 

兄からのおさがりについて、いろいろ悩ましい思いもあり、妹用に、新たに購入すべきか、悩みました。

兄姉からのおさがり、という呪縛がのちのち、この先何十年といろんな思いになる、という場合もあるしなぁ。

それが5000円で済むなら、買っちゃう?と思いましたが、すごく邪魔ですよね。

これを妹が2年使ってくれるほうが、絶対よいに決まってる!

 

さっそく、娘に打診します。

私「お兄ちゃんの、使ってくれる?」

娘「え?買ってくれないの?」

私「そうねぇ。でも、もうお兄ちゃん使わないんだって。」

娘「みんな、買うって言っていたよ。」

私「うーん、でも、これを使ってくれたらうれしいな」

 

娘「・・・わかった」

 

息子もそれほど手荒く扱った様子はないですが、そうは言っても、新品と比べたら、かなり薄汚れているよね。

 

自転車の件も、あったし、、、 

www.citronbiscuit.com

 

かわいそうな妹!

わかるよー、私も兄のいる身だったからね。

 

ということで、「ママもさ、、、」と話したのですが、そのあたりは2番目の物分かりの良さ、で、すぐに納得してくれました。

これが、本当の納得かはあれですけれども。

ま、姉の使ったピンクを、弟が使えるかどうか、で悩むよりも、よほどましですね。ほっ。

 

このあたりはお子さんによりますよね。

 

今度は、絵の具セット

すると、更に追いかけるように、絵の具セット準備(購入)のお知らせが届きました。

 

はいはい、絵の具セットはね、買いますよ。

ただ、、センスのないバッグがいやでした。

 

でも、母にとっての好みと、娘にとっての好みは違うと思うので、いくつか品を見せて、これはどうかな~、と選ばせようとしたところ、これにする~と言って選んだのは、兄との色違い。 

 

「学校からのお知らせにある、この、ピンクのリボン柄じゃなくていいの?」と尋ねると、

娘「派手なやつは、嫌い。」

 

そ、そうでしたか。

お洋服も、そうした柄は母の嗜好とは異なるので、選んでいませんでしたが、これもいつか反動になるのかしら、と不安です。

 

Amazonさんなので、すぐに届くよー(笑)。

こうした点も、学校で購入すると、子供が自分で持ち帰らなくちゃいけないので、楽ですよね。

持ち帰りの面倒が1回でも減るのは、うれしい。

いや、なにより、現金を持たせることなく、クレジットカードでちょっと安く買えるのが、スバラシイ。

 

届いたの真新しいビニールにはいったセットを見せると、

娘「本当に買ってくれたの?」「〇〇ちゃんの? 本当にいいの?」

(萌え萌え♡)

も、もちろん、あなたのものデス。

 

え、ええ、お兄ちゃんも、自分のをずっと使うからね。

っていうか、たぶん、中学校でも使うんですよね?あー、やっぱりあちらにしなくてよかったわー。