こども2人と3人暮らし

7歳男子と5歳女子を育てながらフルタイム勤務中。2015年春より夫は単身赴任中。大変だけど問題なく暮らしてます。

あわや、火事になるところでした。

少し前のことです。

私の気持ちもすっかり、落ち着きましたので、戒めのためにも、

そして、皆様への意識にも働きかけることができましたら、幸いです。

 

焼き魚、最高だよね

夕食のおかずに、アジの開きを魚焼きグリルで焼いていました。

サンマを買おうとしたら、高くて断念した結果の選択。

最近は、だいぶ値段が下がりましたね。

 

焼き魚は、こども達に好評だし、健康にも悪くないし、なにより焼くだけというワーキングマザーにとって最高のメニュー。

買ってすぐに食べなくてはならないくらいが制約

(いや、魚の骨とりというミッションもあるけど)。

母業的には、焼き魚に味噌汁、卵焼きを用意したら、なんかやりきった感がでるし。

あれ、皆さん、違いますか?

ワーキングマザーを騙ってますが、夫の査察が入らない身としては、

夕食を適当にやっているもので、、、

 

魚焼きグリルの掃除、めんどくさいですよねー。

問題としては、魚焼きグリルの扱いですかね。

以前は、焼いたら毎回受け皿を洗っていたのですが、

実家の母に、グリルに石を置いて焼く商品を教わっていたのを思い出しました。

これです。

パール金属 焼き三昧 魚焼 用石 約300g H-1420

パール金属 焼き三昧 魚焼 用石 約300g H-1420

 

 

f:id:citronbiscuit:20181009123844p:plain

 

上から火が出るタイプの魚焼きグリルには、

なんか下側からも焼かれて、いいんじゃない?

しかも、うけ皿を毎回洗わなくてよい、というのに引かれました!

 

焼いているあいだに出た油は、石が吸い込んでくれるのです。

おぉー! 

思い付いたときに、石を取り替えていました。

あれ、商品説明をよく見ると、4、5回って取り替え、って書いてありますね。

でも、そんなにグリルを使う機会がないので、5回目って、いつよ!

ってなりそうですけど。

 

ま、要するに、こうした表記を無視していたわけです。。。。

さすがに、変えないとなー、と思っていた頃、

事件が起きました!

 

火事! 

そうです。

魚を焼き終えたあと、ちまちまと骨をとっていると、

なんだか、キッチンから、黒い煙が!!!

おっと!なんだか、まずいような。。。

 

不安に駆られて、見てみると、魚グリルから黒い煙が出ています。

グリルを引き出してみると、、、

受け皿の石に火がついている状態。

しかも、皿の半分が炎。

きゃー!!!!

 

火を消さなきゃ!

近くにあった布巾を使って、覆うものの、布のサイズが小さすぎる。

 

ここに、水をかけちゃいけないんだよねー。

それだけを冷静に思い出しながらも、

火が大きくなっているのを感じてパニック。

濡らした大きなタオルが必要!

 

息子に浴室からバスタオルとってきて、と叫びたいところをこらえ、

自らダッシュ。戻ると、部屋に黒い煙が充満してるじゃないの!

それでも、危険を察知せず、先ほどと変わらず座ったままで

アジの魚の身を食べる娘。

そんなことしている場合じゃないの!

火事の一歩手前だよ!

と思ったものの、無駄に娘を怯えさせるのも、、、と躊躇していると

息子が「大変だ!みんな、火事だ!」と窓に向かって叫びそうになってる。

正しい、方法ですね。 

 

いや、そこまででも、ないと、思う。やめて。

いや、だいじょうぶ?ほんとうに?

お隣に助けを求めるレベル?

一人で消火出来ると思って、ダメだと気づいたときには、手遅れ、

ってあるよね?

 

えーと、えーと、この場合は、、、

大きな2枚のフェイスタオルを濡らし、被せたところ、

一気に覆うことができ、火の勢いが収まりました。

ふー。

消えた、、、

・・・いや、なに。今のできごと。ビビった。

被せたタオルを外すことも、しばらくできないわー。

(さらに、追加で被せちゃう)

 

 

無事に消火した後だから、言えるんだけどさ。

それにしても。

大きなタオルを水にしっかり濡らすことさえ、

一人では、やりにくいんだなぁ、と。

燃え上がった火のそばを離れることもしたくないし、

子供たちをどうしたらよいのか。

同じことが2度目にあっても、慌てるでしょうね。

 

以下の写真は、後述の、国民生活センターからの転載です。

これの、もっと火のない状態ですが。 

 

f:id:citronbiscuit:20181009133709p:plain

 国民生活センターhttp://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20080221_1.html

 

 

スプレー式殺虫剤には反応するくせに、

キッチンの煙探知機は作動せず。

どういうこと?

というかさー。

焦ったわ・・・

消火器、置いてないしねー。

小さな消火器、買ったほうがよかったかなー。

でも、設置場所に困ってしまうなー。うーん。

 

 

f:id:citronbiscuit:20181009150238j:plain

一瞬天ぷら油に火が入ったとき用の、グッズを

炎に入れるか迷いましたが、天ぷら油以外には、

使用を禁じられているようでした。 

 

これを購入する予定です。消火器は、保管しにくいので。

ヒヤリハット

 こうしたヒヤリハットする事柄を時々経験するので、

ありがたい機会を得られたことに感謝して過ごさねば、

と思います。

火事の原因のなかでも、魚焼きグリルでの火事は多いようです。

受け皿の掃除が足らず、魚の油に引火することにより、

気づいたときには、、ということのようです。

ガステーブル等のグリル火災に注意!(発表情報)_国民生活センター

 

グリル皿を開けてしまうと、

そこから空気が入ってしまい、炎が大きくなることもあるので、

消せない火である場合には、

ガステーブルの奥の排気口の穴をアルミホイルなどでシャットダウンし、

酸素の供給をなくすこともよいとか。

でも、本当に、覆うことができるかしら?

 

今回、ダメだったこと。

 ・コンロに石を置いたにも関わらず、定期的な清掃を怠ったこと。

 ・きちんと火が消えたことを確認せずに、テーブルについたこと

 ・消火器を手元の用意していなかったこと

 

火の勢いはさほどでもなかったので、幸いグリルにも被害はなく、

ちょっとした火の手があがったくらいで収まりましたが、

 本当にヒヤリです。

ちょっとの間、リビングダイニングが、黒い煙が充満してしまいました。

 

こどもたち2人の命を、家という財産を、

そして近隣の皆様の命を、財産を、危険にさらしてしまうところでした。

いろいろ反省しながら、生きていかねば。

 

とりあえず、毎回、受け皿を洗うほうが、この危険を減らせると思いますので、

受け皿に石を置くのは、やめました。

秋刀魚の美味しい季節ですからね、楽しく食事をできるように

気をつけます!

f:id:citronbiscuit:20181009145922j:plain