こども2人と3人暮らし

8歳男子と6歳女子を育てながらフルタイム勤務中。2015年春より夫は単身赴任中。大変だけど問題なく暮らしてます。

マレーシアレゴランドへ行ったよ 2 (タイでの冬休みのついでに)

さて、ジョホールバルでの一夜が明け。

 

翌朝ホテルから、レゴランドに行くため、タクシーに乗り込みます。30分ほどで到着したような、、、(やばい、だんだん記憶が、、、)

まさに、リゾートのように、周囲とは違った感じで存在していました。

そして、とりあえず、宿泊する予定の、レゴランドホテルに入ります。

f:id:citronbiscuit:20190205122700j:image

中に入ると、レゴの世界が始まります。

f:id:citronbiscuit:20190205122919j:image

レゴランドが開園する時間は10時なのですが、9時ちょっと前に到着したものの、チェックアウトのゲストがたーくさん。そして、その子供たちで溢れかえるロビー。


f:id:citronbiscuit:20190201181850j:image

息子、大興奮。すぐにいなくなる。

f:id:citronbiscuit:20190205123050j:image

戻ってきた。

f:id:citronbiscuit:20190205123126j:image

オレ、武器を作ったぜー。

・・その、色彩感覚は、どうなのよ?

 

 こどもたちが夢中になって作っていたのは、ポケモンボール。たくさん。

f:id:citronbiscuit:20190201181816j:image

ぼーっと待っていると、娘に、ポケモンボールを作るように、指示されました。

はい、どうぞ。

f:id:citronbiscuit:20190205123210j:image

それにしても、中国語がたくさん聞こえてくるような、、、

 

息子を、また、見失う。

さすがだわ。君のような息子で、ママは助かる。(もちろん、娘は離れず。)

 

チェックインの列、ぜんぜん進まず、40分はかかったのではないでしょうか。

チェックアウトのゲストは、どんどん、簡単な手続を勧められて、列から離れていくものの、、、(追加の支払いが簡単に済むように、事前にデポジットをさせられています。すると、カードキーを、ポストみたいなところに入れるだけで完了します)

夫は、マレーシアの英語に苦しみながらも、チェックインとともに、ウォーターパークもはいれる2daysチケットを購入。

あれー。10時過ぎちゃったね。気を取り直して、、、行くよー! 

www.legoland.com.my

チェックインをすると荷物をフロント横に預けることができます。

ウォーターパークのゲートへ。

すぐにロッカーがあります。デジタル管理のロッカーです。

機械が、ロッカーを選んでくれます。一番高い位置を指定され、ドアが開くはず、、、なのに開かない。でも、係員が近くにウロウロしていたので、大丈夫でした。こちらのロッカーは開け閉め自由なものです。着替えた洋服と、最後に、貴重品を保管します。でも、プールサイドに持ち込んでいる人も多かったですが、そこは自己責任ですね。

お水は、普通にパーク内に持ち込めたので、みんながやっているように、荷物を持って行き、荷物を置く場所を確保しておきました。

 

あと必要なのは、サンダルと日焼けどめ、小銭、ですかね。ちなみに、売店ではリンギットもシンガポールドルも使えました。時間がなくてショップは覗いていませんが、必要そうなもの(サンダルとか)は、売っていました。タオルを持ってくるのを忘れました!パークでは販売のみ?かも。(ホテルではレンタルしていた様子)。

とりあえず、身近なプールへ、レッツゴー。

 

流れるプールには、ソフトブロックがたくさん。

とりあえず、集めて組み立てる。
f:id:citronbiscuit:20190205131945j:image

f:id:citronbiscuit:20190205131711j:image

浮かばなかった😁💧

流れるプール向かってに、釣りをする人。
f:id:citronbiscuit:20190205131917j:image

流れているソフトブロックを拾い集め、娘をソフトブロックまみれにしてみる。

f:id:citronbiscuit:20190205123318j:image

流れるプールには、自分の浮き輪は持ち込めません。流れてるチューブ、一人またはダブルチューブがあります。これで、結構楽しめます。

 

お昼は、ハンバーガーとフライドチキンにし

ました。

f:id:citronbiscuit:20190208175716j:image

しかし、キッズメニューのチキンにしなかったからか、スパイシーだといって、特に娘が「からーい!」といって、絶叫されました。。。(というかー、全般的にレゴランドの食事って、いまいちなのは、万国共通では????)

 

この日はちょっと曇ったり、雷雨もありました。所詮こちらは水着なので、濡れてもどうってことないですが、次の日遊園地で 過ごすことを考えると不安。

気温は、ほどよく。パタヤの寒さを考えたら、夏の気温でした。

日差しに焼けたコンクリート部分は、暑かったし。

 

f:id:citronbiscuit:20190212131849j:plain

www.legoland.com.my




f:id:citronbiscuit:20190208175707j:image

なかなか、やめられない兄妹。このゾーンを抜けようとするたび、引っかかる。


f:id:citronbiscuit:20190205123601j:image

船を作ったり、その船でレースができて、楽しそうですが、これは、特にここでやらなくてもよいのでは。(といって、他でこういう遊び場があるわけじゃないけど)

 

f:id:citronbiscuit:20190212131618j:plain

どうにか、もうすこし奥にあるスライダーに連れて行くと、こんどはスライダースパイラルに巻き込まれる。こちらは、身長制限はあるものの、少し緩め。

f:id:citronbiscuit:20190204105608p:plain


f:id:citronbiscuit:20190208181329j:image

こちらが、一番お気に入りだったようですが、写真より、角度的が感じられ、結構スリリングです!

f:id:citronbiscuit:20190204105400p:plain

自分でチューブを持っていくスライダーもあり、大人の方が疲れます。(自動で持ち上げてくれるスライダーもあり)

 

子供たちは、楽しくなりすぎて、プールからも出られなくなりそうでしたが、遊園地の下見もしたほうがよかろう、と、4時にどうにかプールから子供達を引きはがし、隣接する遊園地へ向かいます。

タオルはなかったものの、夏なので、、、大丈夫!

 6時には閉園なんですよ、急がなきゃ!

とりあえず、どんな乗り物があるかな。

一番、スリルのありそうな乗り物を選んでみる。

 

f:id:citronbiscuit:20190212132547p:plain

これ!

ヘルメットについたメガネでVR映像をみながら、ジェットコースターです。

しかし、110センチからしか乗れません。ギリギリの娘。靴を履いているし、行けるかな?と思ったら、「NO」。娘、号泣。

どうしても乗りたかった大人げない母は、娘を夫に託し、息子と一緒にライドしました。5歳以下は、このヘッドセットは付けられません。息子は、身長(120センチ以上)の基準もクリアしているため、ヘッドセットをつけて乗り込みます。

レゴの人たちが、レースをするという設定。

おおっ。視覚効果で、風を切って進む感覚が楽しいのね!

これが、室内型なら、USJのハリーポッターのようなことになりますが、屋外だから、こういうことになるのですね。

 

その後、小さいドラゴンや、大きいドラゴンのジェットコースター。名古屋にある感じ。f:id:citronbiscuit:20190208181912j:image

f:id:citronbiscuit:20190212131704j:plain

 

このあたりは、夕方のこともあり、乗り放題。着いたところで、「ワンモア!」と言って再度、ライドなどという贅沢なこともして、、、計5回くらいは乗ったような、、、

 

君はいいねぇ、ヒマそうで。


f:id:citronbiscuit:20190208175844j:image

レゴランドなので、至るところにレゴがあります。

f:id:citronbiscuit:20190208182025j:image

レゴランド名古屋よりもお客さんがいない!(笑)

 

f:id:citronbiscuit:20190212131751j:plain

そして、6時になると、追い出しが始まり、あっという間に2時間が終わったことを知るのでした。ショップを覗いてみるどころじゃありませんでした。

 

ホテルに戻ります。

レゴランドからレゴランドホテルの裏口?利用できます。


f:id:citronbiscuit:20190208182111j:image

係員がいて、宿泊者のみを入れています。宿泊者はカードキーを見せますが、チェックインのときに預けた荷物のタグを見せて、通してもらいました。

 

夫からは、一番安い部屋なのに、すごい高いんだよね、、と愚痴られていましたが、パイレーツにしておいた、と聞いていました。

もちろん、子供たちは、部屋を一目見るなり大興奮。

f:id:citronbiscuit:20190208182244j:image

至るところが、こんな感じ!


f:id:citronbiscuit:20190208182458j:image


f:id:citronbiscuit:20190208182302j:image

2段ベッドにも興奮しています。

f:id:citronbiscuit:20190208182523j:image

ここはねぇ、宝探しがあるんだよ。

母は、すべてリサーチ済み。夫は、このホテルを予約しておきながら、知らない様子。

 

f:id:citronbiscuit:20190212091334j:plain

 

英語で書かれていますので、子供たちには読んであげます。そして、絨毯をチェックしたり、壁の数字を探して、番号を入れると、、、

f:id:citronbiscuit:20190212131307j:plain

無事に、オープン!中身は、もちろんレゴです。(スターウォーズじゃん。)

 

f:id:citronbiscuit:20190212131805j:plain

そして、デュプロですが、部屋にはレゴセットがあります。盛り上がる子供達。

・・・ここで遊ばなくってもいいんじゃないかなー。

 

f:id:citronbiscuit:20190212131313j:plain

夕食は、部屋の窓からも見下ろしていたレゴランド近くのモールで。ここにも、ファーストフードなどもありますし、商店もあります。

散々、ハンバーガー系を食べさせられているので、違うものがたべたーーい!いろいろありますが、夜も9時近くなると、お店はほぼすべて閉まっていました。

 

ビールを買って、部屋に戻ります(笑)。