こども2人と3人暮らし

7歳男子と5歳女子を育てながらフルタイム勤務中。2015年春より夫は単身赴任中。大変だけど問題なく暮らしてます。

悔し泣きの子供たち。(保育園の運動会)

毎年11月に保育園の運動会があります。

ちょっと寒い時期に突入していますが、体育館でやるので、

底冷えさえなければ、OKです。

まして、小さい子がいないので、床で座ったりしませんからね!

今年は1人のみ撮影すればよいので、楽々~。

 

夫は、帰国のタイミングが合わず、見ることはできませんでした。

 

へっへ~。

もう、シングル家庭にしか見えない。 

小学校の登校日だったため、見学したかった兄は不満げ。

しょうがないよー。小学生は、学校に行くことが義務です。

 

運動会を悠然と見つめることができる自分に感動

年中の娘ですが、基本的に話は聞くし、悪いこともしないし、

「THE 女子」で、過ごしているようなので、

まったく、手がかかりません。

あー、息子のときは、大変だったなー!!!

そして、こちら(=手のかからない)側のサイドにいられる気楽さときたら。

やんちゃに走り回る子供たちを見て、

「〇〇くん、元気だねー」なんてつぶやける。

私は、真面目な5歳女子を見つめていればよいだけ。

余裕だな、わたし。

 

いかに、これまで自分が息子のことで気が重かったのか、わかるわー。

 

メイン競技はリレー!

f:id:citronbiscuit:20180606121707j:plain

3,4,5歳は全員で紅白に分かれて、リレーです。

3歳の子供たちを最初に走らせる予定でしたが、、

最初から頑として走らない!という子、

泣きながら走る子、

コースアウトする子たちにより、

リレー成立が危ぶまれる始末。

どうにかバトンを渡し、4,5歳児につなぎ、走り始めたものの、

すでに一方のチームは1人分の遅れ。

リレーに燃えチームの勝利を望んでいた子達は、悔し泣き。

その輪はどんどん広がって、ついには半数以上、大泣きの子供たち。

負けたチームにいた娘は、表情を変えなかったものの、

憮然とした表情。

 

号泣する子供たちを前に、先生たちは、4,5歳児のみ、で

再度レースをすることを提案してくれました。

まぁ、これが正解かはわかりませんが。(特に、3歳児を持つ親にとって)

けれど、そのチャンスも虚しく、娘のチームは、わずかに破れてしまいました。

ついに、負けたチームの年中の子供たちのほとんど全員が泣き出しました。

さすがに、年長さんは、ぽろぽろと涙を流す子がいるのみ。

娘も、天を仰いで泣いてます。

悔し泣きをできるようになった子供たちの成長に、うるっ、ときました。

 

でもさー、負けたことで、人目をはばからずに泣く、って

なかなかできることじゃないよねー。

大きくなったら、尚の事。

こっそり、ビデオを撮っちゃいました。

ごめんよー。

だって、これも大事な成長の一(いち)ページ。 

がんばったね。

 

それにしても、娘の走り方が、女子の走り方ではなく、

しっかりとした走りっぷりになっており、

これは将来期待できる、と親として、安心したのでした。

来年はきっと、「〇〇ちゃんは、早いね」ってみんな、言ってくれると思うんだ。

来年は、おうちでも走る練習をしようね。 

f:id:citronbiscuit:20171113125017j:plain