こども2人と3人暮らし

9歳男子と7歳女子を育てながらフルタイム勤務中。2015年春より夫は単身赴任中。大変だけど問題なく暮らしてます。

朝、起きてくるなり、息子が、夢をみたよ~、と嬉しそうに教えてくれました。

 

「ベッドにね、パパがいたんだよ!それでね、パパー!って抱きついたんだ。。。」

 

 

あはは。。

 

夫は2月に、娘の保育園の運動会のため、日本に遊びに来ました。

娘の保育園の運動会は、台風19号の影響により、「人命を優先してください!」という宣言のもと、運動会は中止。

保育園最後の運動会。

どうしてもやってほしい、という親の願いが叶い、2月に近くの体育館を借りて、行うことが出来ました。

それほど寒さが厳しくもなく、観客も通常の半分以下、という寂しさでしたけど、温かい歓声に包まれ、こどもたちの競技と演技を見ることが出来ました。

これさえ、今考えてみれば、コロナの影響直前、ギリギリだったよねぇ。

 

天災、というか、、、このところ、災害が多すぎて、穏やかな日常が送れることが、最大の喜びに感じられる。

 

2月の時には、GW明けには、日本に戻れる~、とウキウキの夫を横目に、5年という(母の)自由が終わる悲しみに明け暮れたっけ。

 

が、4月から、夫の帰任の話は、ポーンと、世界のどこかに行ってしまいました。

 

6月終わりには、タイの制限緩和のニュースを受け、もしかすると8月?9月かな?なんて、言っていた夫。

 

その話も、また、東京300人、日本国内500人超えを受け、またしても、遠い未来に追いやられた様子。

 

こどもたちは、もうパパに5か月会っていない。かわいそうに。

それなら、テレビ電話くらいしてくればいいのに、かけてこないので、こちらは放置しておきます。

私の気ままな3人暮らし生活、もう少し延長しそうです。

 

f:id:citronbiscuit:20181005132503j:plain