こども2人と3人暮らし

9歳男子と7歳女子を育てながらフルタイム勤務中。夫の単身赴任を2020年に終え、5年4か月ぶりに同居生活となりました。夫と別居していた自由な日々を懐かしむ毎日。

「好き」と言えない

天国と地獄、いよいよ21日が最終回。

www.tbs.co.jp

 

たのしみすぎる!!

最終回を見るまで、何があっても死なない!

以前、小野不由美さんの小説「十二国記」シリーズの中で、異世界に飛ばされたばかりの高校生の陽子が、「あのドラマ、最後どうなるんだろう」と思いながら、歩く場面があるのですが、いま、最終回を見ることが出来ずに死ぬ(意識がなくなる)ことがあれば、絶対、魂は、天国と地獄の最終回を観たくて、さまよう気がする。

 

で、本当は、何が言いたいのかと言いますと。

 

「高橋一生さんが好きです。」

 

え?聞こえ(読め)ない? 

そ、それなら、いいんです、聞か(見)なかったことにして!

ポッ(〃ノωノ)

はずかしー  ε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

 

 

この年齢になって、〇〇(俳優)さんが、好き、だなんて、リアルには言えないのですよ。いまさら。

リアルの恋じゃなくても、言えないって。

 

 

いやね、昨年、Amazonプライムビデオで「凪のお暇」を見て、完全ノックアウト、ですよ。

金曜ドラマ『凪のお暇』(なぎのおいとま)|TBSテレビ

(Amazonの配信が3月末で終了してしまう!まじか!)

 

 思い返せば、「民王」とか、好きだったですけどー。

 

一生出演する作品によって、まったく違う表情を見せてくれるわけですよ。

そのため、ドラマの「〇〇」は、好きだったなーなんて、言っていられたのですけれど。ますます、彼の出演作品が見たくなる。これって、高橋一生さんが好きなのでは!と気が付きました。

 

ビシッ、としたスーツも似合うし、ゆったりとした服装も似合う。王子系の服もイケル。

www.youtube.com

それでいて、アウトドアが好きで、バイクに乗って出かけてしまう、とか。

料理も得意、とか。

もう、リアル世界で見たら、たぶん、5秒と見つめられない。かっこよすぎて。

300メートルくらい離れたところから、自分が隠れられる壁越しに双眼鏡で見ていたい。(とおっ)

 

昨年、リアルタイムで「竜の道」、もみましたけどね。玉木宏さんも目に映らない。

そして、思い出した「カルテット」。

あー、もう、あれも、見返してみたら、なにこの、めんどくさいけど、近づきたい人!!!

声も、惚れてしまうー。

(NHKの海外ドラマで放送していた「This is us」の吹き替えは、きっと、高橋一生さんが好きな人たちが、もっと声を聴きたい、とキャスティングしたに違いない。彼のせいではないのに、いろいろ批判があったのは、気の毒)

 

もう、今回の「天国と地獄」で完全に恋した気がする♡。

いまは、検索で「高橋一生」さんを「画像」にするじゃないですか。

とたんに、モニターに溢れる高橋一生さん。

一瞬で、すべてが溶ける。どんなイラつきも、一瞬で直せるこの魔法。

 

そんな自分を鏡で見たことないけど、恋する目つきになってます。ぜったい。

 

どんな、表情も素敵です。

 

とか、リアルには言えないんだってー。

40も過ぎると、自分でさえ、気持ち悪いです。みなさま、こんな気持ちを読んで、不快な気持ちにさせてごめんなさい。

 

あー、娘(8歳)が、「わたし、結婚するなら、星野源さんがいいな」という声に、「いやいや、もう少し、違う方向に進んでもいいんだけどさ。。。」という母の気持ちとは、明らかに異なる自分の気持ち。

 

母は、「高橋一生さんを推します」。きっぱり。

 

そこ(ドラマ)に、高橋一生さんはいない。それは、わかっているんだけどー。

表現者「高橋一生」という彼を見ているだけで、振り回されているけれども。

どの役のなかにも、そして、バラエティに出演する彼さえ、本当の彼ではないのはわかっているけれど。

 

自分の心にとどめておくには、あふれるこの気持ち。

でも外に向かって声を出したら、気持ち悪いと思うので、ナイショ!

 

とりあえず、王様の耳はロバの耳~、と叫ぶことができたので、すっきり。