こども2人と3人暮らし

9歳男子と7歳女子を育てながらフルタイム勤務中。夫の単身赴任を2020年に終え、5年4か月ぶりに同居生活となりました。夫と別居していた自由な日々を懐かしむ毎日。

娘が緊急入院しました ①

娘が、緊急入院しました。

現在は、「化膿性リンパ腺炎」という診断です。

片方の耳の後ろが、腫れています。熱は、ほぼありません。

 

 

金曜の夜、「痛いの。ここ触って」と言われて、初めて娘の耳の後ろに違和感を感じました。でも、眠ってしまえば、翌朝は、「いたくな~い」とケロリとしているので、土曜に診察することなく、土曜は遊んでいました。

が、日曜の昼間も、「痛い」と言います。出先だったので、痛み止めのカロナールを飲ませました。

夜も痛そうでしたので、月曜朝一番に、小児科に連れて行くと、「リンパ腺炎だね」とのこと。

リンパ腺が何らかの原因により(ウィルスか、細菌か)、炎症を起こしてしまっているのです。

 

抗菌薬となる飲み薬をいただいたのですが、痛み止めをください、というと、「必要なら飲んでね~」という軽い感じでした。

飲ませると、3時間程度は気持ちよく過ごせるものの、4時間後くらいから怪しくなり、ついには6時間の間隔をあけることさえ困難なほどに痛みを訴えてきます。

そんなに、飲ませられないよ~、と思って、薬剤師のママ友に相談。

処方された薬を伝えると、一般的な量だから、少ないのかもね、明日、もう一回小児科に連れて行って、もう少し強くしてもらったら?というアドバイス。

火曜朝に、もう一度。

娘の体重的には、十分な量とされるカロナールを飲ませます。

が、1時間と経たず、苦しみ始めます。

飲ませる前後で変わらない!

 

月曜の午後は、私も出勤していたのですが、あんな状態じゃ、仕事にならない、と言い出す夫にイラつく夫婦。

「そんなの、病気の子供にはあることだよ!」、と言い出したくなる私。

まぁ子供の病気のときの、訴えと言ったら、聞いてはいられませんよね。まぁ、わかるけどさ。

 

火曜日は、午前に夫が小児科へ、私は出勤し、午後は家でのリモートワーク。

娘は、「痛いよー」と言っていますが、もうすぐ「お薬効くんじゃないかなー」となだめながら過ごしました。

が、

おかしいよね。ぜったい。

 

ごめんね、娘よ。すでに時間は19時。小児科ではなく、総合病院へ連れて行くことを決心。救急外来へ向かいました。

 

救急外来に着き、「痛みで苦しんでいる」旨を伝えます。

が、横で、娘は平常な顔つき。

おいおい、さっきまでの叫びはどうした?

ここで、さっきみたいに「痛い痛い」と言ってよ。ママが大げさに聞こえるし、なによりうそっぽいじゃないの~。

 

はい、最初の振るいわけで、落とされました。

 

トリアージをするための看護師さんが来るまで、隔離部屋での放置。(ケガじゃないので)20分ほど待ちました。

 

そして、看護師に状況を話し、耳の腫れを確認してもらいます。

「では、ドクターを呼びますね」

 

・・・わかってたけど、また、放置。15分ほど。

ここは、大きな病院。そうですよね。待ちますよね。わかってたよ。

そのうち、娘は痛みで、私の膝に頭を載せるほどに。

痛いよね。。。

 

ようやく、ドクター登場!待ってた!

触診し、これは、結構、腫れているよね。痛いよね。と、やさしく診察してもらい、ほっとしました。娘も、やさしいドクターに接して、心なしか安心した様子。

「じゃ、血液検査をしましょう、エコーもしましょう。」

 

えーと。。。。血を抜くのかー。娘、初の血抜き体験。

しばらくして、別室にて注射針がお待ちかね。

f:id:citronbiscuit:20210702123357j:plain

娘、注射針の痛みにこらえきれず、涙をこぼす。

だよねー。しかも、血管細すぎて、2回目あるし!

点滴に備えて、しっかりした血管がほしいんだよねー、とのこと。ここは、頑張るしかない。

 

 

で、血液検査とエコー検査の結果、「化膿性リンパ腺炎が、可能性が高いです。」

「入院しましょう。入院は週単位で考えてもらったほうがいいです」

「合う薬があって、経過がよければ飲み薬に切り替えられたら、退院もありです」

まじか。

 

娘の入院が、決まりました。

娘、保育園以外で、はじめてのお泊りは、病院です。

何日泊まったら、家に帰れるのかな。

家族みんなの、試練です。