こども2人と3人暮らし

9歳男子と7歳女子を育てながらフルタイム勤務中。夫の単身赴任を2020年に終え、5年4か月ぶりに同居生活となりました。夫と別居していた自由な日々を懐かしむ毎日。

漢字検定 第2回 結果~小2 漢検8級落ちました。

小2女子。

字はきれいなほうだけれど、別に漢字が好きなわけじゃない女子。

 

でも、兄が異様な漢字学習好きなものだから、なんとなく影響をうけて、第1回の漢検で9級を受けて、第2回は、8級受験かな、なんて背伸びをしてしまった結末。

 

第1回の合格後、第2回の受験まで、余裕があるわけですが、さすがに3年生の漢字は、手ごたえ歯ごたえありすぎました。

4年生が5年生の漢字勉強は、ハードル高めでも、レベルの差があるくらいで、ジャンプすれば超えられないこともないでしょうが、娘にとって、2年で習う漢字から3年での、漢字の内容の濃さが、厳しかったようです。

 

漢字検定のドリルである「ステップ」を終えられるかどうか、というレベルで試験日を迎えることになりました。

 

はい、つまり、予想される漢字の問題にたどりつく前に、漢字を書くだけで終わりました。

結果、「 」。なんて読むの?というレベル。

うーむ。これは、まずいよね。

過去問は、、1回くらいでもやったほうがいいかな。いや、もう、あきらめたほうがいいかな、となりました。

 

前回の第1回の漢字検定直後に体調を崩し、10日間の入院騒ぎとなったことを思い出します。

やめよう。無理させるのは、なしだね。

 

そして、郵送で三つ折りにされた封筒が届きました。 → 不合格通知がはいったもの、です。

f:id:citronbiscuit:20201116131145j:plain

合格すると、賞状が厚紙とともに送られるので、大きな角2封筒で、届きます。

 

まぁ、Webで結果は知っていたのですが。

次こそ、がんばろうね。

2年生で、8級合格なら立派です。

今では、漢字にのめり込んだ兄も、小2の終わりには、8級レベルでしたからね。

うん、これからだよ!